SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AWS、生成系AIアプリの構築を支援する「Amazon Bedrock」を発表

 Amazon Web Services(以下、AWS)は4月13日、AI21 Labs、Anthropic、Stability AI、Amazonの基盤モデルをAPIで利用できるようにする新サービス「Amazon Bedrock」を発表した。

Building with Generative AI on AWS
Building with Generative AI on AWS

 Amazon Bedrockは、顧客が基盤モデルを使って生成系AIベースのアプリケーションを構築・拡張する手法であり、すべてのアプリケーション開発者が利用可能。同サービスにより、選択したモデルを自社のデータにカスタマイズしたり、AWSツールや機能を使用して、自社のアプリケーションに統合したりできるとしている。

 選択できるモデルの一つが、Amazonが同日発表した基盤モデル「Amazon Titan」である。Amazon Bedrockを利用する顧客は、現在提供されている基盤モデルの中から選択でき、この中にはAI21 Labsが提供する「Jurassic-2」ファミリーも含まれる。同サービスは、多言語に対応しており、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、オランダ語でテキストを生成できるという。

 また、Anthropicの「Claude」は、様々な種類の対話処理を実行可能。Amazon Bedrockによって、Stability AIのtext-to-image(テキストからの画像生成)基盤モデルも利用できるようになり、「Stable Diffusion」を活用して、画像やアート、ロゴ、デザインを生成できるようになるとしている。

 Amazon Bedrockの最も重要な機能の一つが、モデルのカスタマイズの容易さにあるとのこと。ユーザーは、「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」でラベル付けされたサンプルでAmazon Bedrockを指示することで、特定のタスクに合わせてモデルの調整ができ、大量のラベル付けデータを用意する必要がないという。

 Amazon Bedrockは現在、限定プレビュー版を提供中。同サービスにより、企業は組織全体で機械学習の活用を加速でき、開発者は独自の生成系AIアプリケーションを構築できるようになるとしている。

【関連記事】
チューリッヒがAWSを採用 2025年までにSAPのワークロードなど1,000アプリケーションを移行
AWSとBMWグループ、コネクテッドカーから取得したデータ管理を簡素化するソフトウェア開発で連携
AWS「金融リファレンスアーキテクチャ 日本版」を正式提供、新生銀行やシンプレクスが期待述べる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17657 2023/04/20 14:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング