SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラウド売上は24%増、すべての地域で堅調──SAP 2023年度第1四半期業績

 SAPは、3月31日に終了した2023年度第1四半期の財務業績を発表した。

業績ハイライト

 カレント・クラウド・バックログは25%増の111億5000万ユーロ、固定通貨換算ベースでは25%増となり、連続で1パーセンテージポイント増の成長となったという。SAP S/4HANAのカレント・クラウド・バックログは、78%増の34億2000万ユーロ、固定通貨換算ベースで79%増だった。

 第1四半期のクラウド売上は24%増の31億8000万ユーロ、固定通貨換算ベースで22%増、連続で1パーセンテージポイント増。SAP S/4HANAのクラウド売上は、77%増の7億1600万ユーロ、固定通貨換算ベースでは75%増となった。

 また、クラウド総利益はIFRSベースで28%増の22億4000万ユーロ、Non-IFRSベースで28%増の22億7000万ユーロ、固定通貨換算のNon-IFRSベースでは27%増だったとしている。

 営業利益は、IFRSベースでは45%減の8億300万ユーロ。この減少は主に、2022年度第1四半期は株価が下落したのに対し、2023年度第1四半期は株価が上昇したことを反映した株式報酬の増加によるものだとした。加えて、IFRSベースの営業利益は、対象を絞ったリストラクチャリングプログラムに関連する構造改革費用、および既存の規制遵守事項に対する引当金により生じた費用の影響を受けているという。

 Non-IFRSベースの営業利益は、12%増(固定通貨換算ベースで12%増)の18億7000万ユーロだった。

ビジネスハイライト

 第1四半期に、「RISE with SAP」を選択した顧客は、BMW Group、DOLCE & GABBANA、GAMA、GlasfaserPlus、マニトバ州政府、Henkel、関西ペイント、Lingong Heavy Machinery、MLS、NECネッツエスアイ、Pastificio Rana、Sempra Infrastructure、Sodexo BRS、Sri Intellectual、Thales Defense & Security、VEM Conveniência、Zagisなどだという。

 また、Advanced Micro Devices、Air India、Aurobay、FLYING WHALES、Hengan Group、JFEスチール、Ourofino Agrociência、REPETCO Innovations、Shinsegae Internationalが、第1四半期にSAP S/4HANA Cloudの本稼働を開始したという。

 SAPのソリューションポートフォリオを選択した顧客は、A.S.Watson、BayWa、Berlin Hyp、Brisanet、Dr. Martens、Envision Energy、Grupo Estrella Blanca、Grupo Minero Bacis、Haffner Energy、HCLTech、日立ハイテク、ニトリホールディングス、N+、NTT DATA Business Solutions、Lee Kum Kee Sauce Group、SMA Solar Technology、Soleum、University Hospital Bonn、Whirlpool Corporationなど。Dexco、DKSH、Larsen & Toubro、Wiproなどが、SAPソリューションの本稼働を開始したとしている。

 第1四半期におけるSAPのクラウド売上の実績は、すべての地域において堅調であり、ブラジル、ドイツおよびインドにおいて売上の伸びが顕著だった。また中国、日本、メキシコ、オランダ、スイス、米国も特に好調だったという。

財務以外の見通し

 SAPは、引き続き「顧客ロイヤルティ」「従業員のエンゲージメント」「二酸化炭素排出量」の3つの非財務指標に注力していく。2023年の継続事業について、同社は次のように予想している。

  • 顧客ネット・プロモーター・スコアで8~122
  • 従業員エンゲージメント指数で76~80%
  • 二酸化炭素のネット排出量で0キロトン、自社の事業においてカーボンニュートラルを実現

【関連記事】
SAPジャパンら4社、SAP S/4HANAへのデータ移行やテスト支援で協業サービスを開始
チームビューワー、「SAP Digital Manufacturing」にARソリューションを統合
パーソルホールディングス、約4万人を対象に「SAP Concur」を導入へ 4月に展開完了を見込む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17674 2023/04/25 17:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング