SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

APT攻撃グループ「Tomiris」と「Turla」に協力関係か──カスペルスキー調査

 Kaspersky(カスペルスキー)のグローバル調査分析チーム(GReAT)は、中央アジアでの機密情報収集を主な活動とするAPT(持続的標的型)攻撃グループ「Tomiris(トミリス)」に関する調査結果を発表した。

 Tomirisは、CISの政府機関と外交機関を標的としており、その最終的な目標は内部文書を盗むことだという。中東や東南アジアなどの地域で被害に遭った組織は、CIS諸国の代表機関などであることが判明しており、Tomirisが攻撃対象を絞り込んでいることを示すとしている。

 また、様々な攻撃経路を使用して被害者を狙っており、悪意のあるコンテンツが添付されたスピアフィッシングメール、DNSハイジャック、脆弱性の悪用(特にProxyLogon)、疑わしいドライブバイダウンロードほか、新しい手段もあるという。

Tomirisが使用する攻撃ツールの関係
Tomirisが使用する攻撃ツールの関係

 Tomirisの活動を特別視する理由は、同グループが、以前「Turla」が使用していたマルウェア「KopiLuwak」と「TunnusSched」を活用していることにある程度の確信をもっているためだという。ただし、同社の最新調査では、TomirisとTurlaは攻撃のツールキットは共有しているものの、スパイ技術を交換し合う別々の攻撃グループである可能性が非常に高いとみているとした。

 Tomirisがロシア語話者のグループであることは間違いないが、その標的とスパイ技術は、Turlaに関する観察結果とは大幅に異なっているとのこと。また、Tomirisの基本的な侵入方法やステルス性への関心の低さは、Turlaのスパイ技術と一致しないという。

 同社のリサーチャーは、攻撃ツールの共有はTomirisとTurlaが何らかの協力関係にあることを潜在的に示していると考え、TomirisがマルウェアKopiLuwakを使い始めた時期によって、Turlaに関連していると考えられる多くの攻撃やツールを再評価する必要があるかもしれないと述べている。

【関連記事】
カスペルスキー、Microsoftのゼロデイ脆弱性を利用した攻撃を発見
カスペルスキー、法人向けなりすましメール模擬テストの支援サービスを無償で2ヵ月間利用可能に
カスペルスキーCEO、3年半ぶりに来日「逆境下でも、我々は求められている」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17698 2023/04/27 17:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング