SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オートメーション・エニウェア、生成AIを活用できる自動化プラットフォームを提供

 オートメーション・エニウェアは、オートメーション・サクセス・プラットフォームにおいて、生成AI(ジェネレーティブAI)を活用し、企業全体の生産性を加速させ、デジタルワークフォースを構築できるよう支援する3つのサービスを発表した。

 同社は、自動化による生産性の向上とAIとの複合化により、ROIへの道のりをこれまで以上に速くできると述べている。また、同プラットフォームは、オープンで拡張可能なアーキテクチャを採用しているため、企業は、ビジネスにとって価値のあるユースケースをサポートするLLMを活用できるという。サービスの概要は以下のとおり。

Automation Co-Pilot+生成AI for Business Users(ビジネスユーザー向け)

 同社は2022年に、アプリケーションに組み込まれた自動化アシスタントである「Automation Co-Pilot」を発表。現在、GPTを搭載し、コンテンツの作成、要約からメールの送信、推薦文の提供まで、システムで生成AIのユースケースを実行できるようになり、チームの生産性を加速させるとしている。

Automation Co-Pilot+生成AI for Automators(プロセスやBotの自動生成支援)

 Automation Co-Pilotは、開発者エクスペリエンスに組み込まれ、生成AIと接続されることで、会話から自動的にプロセスやBotに変換し、自動化へのスピードを加速させることが可能になったとのこと。ユーザーは、Automation Co-Pilotと自然言語で会話することでオートメーションを作成し、組織内にオートメーション開発を開放するという。

ドキュメント・オートメーション+生成AI

 ドキュメント・オートメーションは、構造化、半構造化に加え、非構造化ドキュメントからデータを理解、抽出、要約するために、生成AIのパワーを使用。また、データをプロセスワークフローに挿入でき、他システム間連携や変換が不要になるとしている。

 生成AIを導入したオートメーション・サクセス・プラットフォームは、ヘルスケア、製造業、金融・サービスなどの業種の顧客に、業務の合理化、顧客サービスの向上、効率性の強化などを提供するとのこと。なお、Automation Co-Pilot+生成AI for Business Usersは、6月12日より一般提供を開始するという。

 また、Automation Co-Pilot+生成AI for Automatorsのプレビュー版は7月に提供され、6月12日よりサインアップを開始。ドキュメント・オートメーション+生成AIは、第3四半期に利用可能になる予定だとしている。

【関連記事】
オートメーション・エニウェアとGoogle Cloud、業務提携でRPA機能を提供へ
オートメーション・エニウェア、新ブランドAutomation 360を発表
RPAは幻滅期の底を抜け普及期へ【オートメーション・エニウェア調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17877 2023/06/12 17:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング