SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

大阪ガスら、遠隔AIエネルギーマネジメントシステムを用いた自動VPP・省エネ制御サービス提供

 大阪ガスと同社子会社のDaigasエナジーは、遠隔AIエネルギーマネジメントシステム「Energy Brain」を用いたサービスを提供開始する。

 Energy Brainは、DaigasグループのAI制御を搭載。予測機能、データ収集・分析・蓄積機能を有するクラウド型の「遠隔指令システム」と、負荷設備などのデータ収集や制御信号を出す「制御端末」で構成されている。2022年12月から実証を進めており、エネルギーマネジメントの実効性を確認できたため、Energy Brainを用いた2種類のサービスを提供するに至ったという。サービスの概要は以下のとおり。

  • 自動VPP制御:負荷設備などの遠隔自動制御を行うため、顧客による操作を必要としない自動VPP制御による対応が可能
  • 省エネ制御:気象予測データ、エネルギー実績使用量、需要予測結果、電気・ガス料金情報などに基づき、最適な省エネ制御パターンを見直す。負荷設備などを遠隔自動制御することで省エネを実現
「自動VPP制御」「省エネ制御」イメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
「自動VPP制御」「省エネ制御」イメージ
[画像クリックで拡大表示]

 Daigasグループは今後、Energy Brainと様々なパートナーのシステム・機器との連携、「D-Lineup」などの低・脱炭素ソリューションと同サービスを組み合わせた提案により、VPPを拡大するとしている。

【関連記事】
日立製作所と東電PG、データセンター間のエネルギー最適化に向け基礎技術確立 再生可能エネルギー活用へ
CTC、再生可能エネルギーの発電量を予測するクラウド基盤「ReRAS」を開発
NEC、100%再生可能エネルギーを活用したデータセンターを神奈川と神戸に開設へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18191 2023/08/02 16:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング