SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「Slack AI」2023年冬にパイロット版をリリースへ チャンネルやスレッドの要約に対応

 Slackは、ナレッジ共有に関する新たな機能として、「Slack AI」「自動化」「リスト」を発表した。

 Slack AIでは、Slackの対話型インターフェースにAIが組み込まれることにより、業務時間を短縮することが可能。リスト機能では、会話の流れの中で業務を管理、トラッキング、優先付けし、自動化機能では、ワークフロービルダーの強化により業務を自動化するという。機能の概要は以下のとおり。

Slack AI

  • チャンネルの要約:すべてのチャンネルで重要なハイライトを表示。プロジェクトのチャンネルからステータスレポートを作成したり、フィードバックチャンネルから重要なテーマを抽出したりなど、作業時間の効率化に活用できる
  • スレッドの要約:会話を把握でき、スレッドに追いつくことができる
  • 回答を検索:質問を入力すると、生成AIが検索結果に関連するメッセージ、ファイル、チャンネルを返すだけでなく要約も作成

自動化

  • 改良されたワークフロービルダー:ノーコードで業務を自動化。Google、Atlassian、Asanaなどの企業から提供されるコネクタを利用して複数のツールを1つのワークフローに統合できる。Salesforce Flowにも対応
  • カスタムアプリの構築・デプロイ・ホスティング:社内システムの統合や、カスタムビジネスロジックを実現するカスタムアプリを構築。Slack上でホスティングすることで、インフラのオーバーヘッドを軽減し、データを安全に保存できる。カスタムアプリからワークフロービルダーにビジネスロジックを拡張することにより、業務自動化に活用できる
  • 自動化ハブ:テンプレートを使った自動化、直近で使用したワークフローへのアクセス、社内全体で使用されているワークフローを調べることが可能。ワークフローをコピーしてカスタマイズすることで、他の部門で使用している自動化のフローを再利用できる

リスト

  • プロジェクトのトラッキング:プロジェクトをトラッキングし、オーナーの割り当て、ステータスの更新、業務に関するディスカッションを1ヵ所で行える。プロジェクト項目ごとに専用のスレッドが設けられているため、業務の確認や会話のトラッキングが可能
  • ローンチ管理:プロジェクトの関係性を追跡し、進行状況をSlackで確認することで、ローンチを管理。メンバーがリストで言及すると、更新が通知される
  • 承認とリクエストの確認:ワークフロービルダーを組み合わせることで、承認やリクエストの確認が可能。リクエストが届いたら、対応者の割り当て、ディスカッション、クロージングが行える

 また、各機能の提供予定時期は以下のとおり。

  • Slack AI:2023年冬にパイロット版をリリース予定
  • 新たな自動化ハブ:2023年9月末に利用可能
  • リスト:2023年冬にパイロット版をリリース、2024年に一般公開予定

 なお、新たなワークフロービルダーは、Slackの有料プランで一般提供を開始しているという。

【関連記事】
約9,000人が参加する「情シスSlack」のサイバーセキュリティ版が誕生
自治体で初めて三重県がSlackを全庁導入 5月から開始
コクヨ、Slackを社内コミュニケーションツールとして採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18376 2023/09/11 16:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング