SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Nutanix、企業の生成AI活用を支援するソリューション提供開始

 Nutanixは、人工知能(AI)と機械学習(ML)の導入を進める顧客企業向けに「Nutanix GPT-in-a-Box」を発表した。

 同ソリューションは、ソフトウェア定義型・AI対応のフルスタックプラットフォームと各種サービスで構成される。代表的なオープンソースのAI/MLOpsフレームワークを「Nutanix Cloud Platform」上で使用することで、大規模言語モデル(LLM)を導入する上で適したハードウェア/ソフトウェアインフラストラクチャーの規模を調整し、構成できるとのこと。また顧客企業は、AI対応インフラストラクチャーを調達し、エッジやデータセンターでLLMを含むGPTの微調整・実行が可能だという。

 ソリューションの特徴は以下のとおり。

  • Nutanix Files Storage/Objects Storageソリューション、Nutanix AHVハイパーバイザーとKubernetes、NVIDIA GPUアクセラレーション対応により、Nutanix Cloud Infrastructureプラットフォームにおいて規模の調整が可能
  • Nutanixの各種サービスは、代表的なオープンソースのディープラーニング/MLOpsフレームワーク、推論サーバーと、Llama2、Falcon、MPTなどの大規模言語モデルを採用。顧客企業はクラスターの規模を調整し、スタックを導入可能
  • データサイエンティストやML管理者は、各種アプリケーション、ターミナルUI、標準的なCLIを選択・使用可能
  • Nutanixのプラットフォームを活用することで、他のGPTモデルを実行することや、Nutanix Files/Objects Storageサービスにホストされる内部データを活用し、モデルの微調整を行うことが可能

【関連記事】
農林中央金庫がNutanix Cloud Platformを採用、約18,000人が使う基盤構築へ
Nutanix Cloud Platformを初めて利用する顧客向けに「スターターキット」を提供へ
Nutanix Cloud Platform、Kubernetes運用を促進する新機能を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18394 2023/09/13 16:05

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング