SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JFEスチール、IBM Watsonを活用した故障復旧支援システムを日本IBMと共同開発・提供へ

 JFEスチールと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、設備などの故障復旧支援システム「J-mAIster」を、国内外の顧客向けに共同で開発・提供するためのパートナーシップを締結し、販売活動を開始した。

 J-mAIsterは、AI技術を活用し、設備で発生した故障事象に対して過去の故障履歴、対処履歴、各種マニュアルなどの膨大なデータから最適なデータソースを提供するシステム。「IBM Watson」を活用して、JFEスチールが自社用途に開発したものだという。AI技術を活用した検索性を有するため、熟練者層の知識やノウハウを短時間で取得可能に。過去の事例から知見や対応ノウハウを学ぶ教育ツールとしても活用しているとのことだ。

 JFEスチールは、2018年に自社の全製造ラインに同システムを導入。各事業所の製造設備で発生したトラブルに対して、保全担当者が全社の過去事例や復旧に必要な情報を効率的に参照できる体制を構築しているという。同システムの導入により、設備トラブルの際に復旧時間の約3割削減に成功するなど、操業支援にも用途を拡大しているとのこと。

 JFEスチールは今後、同システムを汎用化し、IBM Watsonと合わせて提供するほか、顧客の導入に最適なシステムの構成検討、調整業務も共同で行っていくとしている。

【関連記事】
IBM、watsonxに自然言語処理を行う生成AI基盤モデル追加 サード・パーティーの生成AIも提供
SalesforceとIBM、CRMへのAI導入支援へ watsonx活用でデータとインサイト統合
IBMと富士フイルム、50TB(非圧縮時)のテープ・ストレージ・システム開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18441 2023/09/20 18:04

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング