SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

伊予銀行、次期基幹系システムに日立の勘定系パッケージ「OpenStage」を採用 2028年に稼働へ

 日立製作所(以下、日立)は、同社が提供するオープン勘定系パッケージ「OpenStage」が伊予銀行の次期基幹系システムとして採用されることを発表した。同システムの稼働は2028年を予定しているとのことだ。

 OpenStageは、従来のメインフレームにおける勘定系システムのアーキテクチャーを刷新し、預金、為替、融資といった銀行業務を実現する「記帳決済システム」と、各種業務システムやチャネルサービスなどとの接続を統合する「バンキングハブシステム」の2つのシステムで構成されるオープン勘定系パッケージ。銀行システム環境の変化において、コンポーネント化・パラメータ化によるシンプルなシステム構造とすることで、機能拡張時の対応が可能になるとしている。

 また、銀行業務の高度化のみならず、高付加価値サービスの提供や地域活性化につながる新サービスの創出といった多様なIT戦略も支援するという。

 日立は今後も、伊予銀行における「新たな価値を創造・提供し続ける企業グループ」の実現に向け、持続成長可能な取り組みに貢献するとしている。

【関連記事】
日立ヴァンタラ、ワークロード管理など支援するデータプラットフォームを提供へ
日立、富士通、三菱UFJ信託銀行ら8者、分散型IDと連携したデジタル証明書活用に向け協業
日立、三井E&S、三井倉庫の3社、AIを活用し港湾のターミナル運営効率化する技術開発に着手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18593 2023/10/16 17:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング