SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EY Japan、ESGデジタルプラットフォーム開発 サステナビリティ経営の加速を支援

 EY Japanは、サステナビリティ経営の加速を支援するESGデジタルプラットフォームを開発し、サービスを提供開始。同サービスでは、企業が保有するESG関連データを利活用し、ESGトレンド調査、マテリアリティ分析、ESG中長期戦略策定、非財務KPI策定とモニタリングといった企業におけるESGの取り組みをワンストップで支援するという。

 同デジタルプラットフォームは、EYのグローバルネットワークにおいて開発したアセットと、日本独自で開発したアセットを組み合わせて構成されている。日本語化に対応したほか、GRIやTCFDなどの枠組みに対応するだけでなく、CSRDなど欧州・米国などの基準にも準じ、グローバルで事業を展開する企業にも適応可能。GHG排出量結果、排出係数など日本の現状に即した実測値を用いてデモンストレーションを実施し、手戻りのリスクを最小化した実導入が可能だとしている。構成する4つの機能は以下のとおり。

  • データ統合・可視化:Microsoft Cloud for Sustainabilityをベースに、様々なデータソースから非財務情報を収集・分析。「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンス)」別に社内状況を可視化する機能
  • 算出・予測:CO2排出予測や改善施策によるインパクトを可視化するシミュレーション機能
  • レポーティング:非財務情報のKPI管理とレポーティングを支援する機能
  • ベンチマーキング:同業他社との比較分析ができる機能
ESGデジタルプラットフォームの特徴
[画像クリックで拡大表示]

 なお同社は、ESG戦略策定や課題の特定、同デジタルプラットフォームのPoV(価値実証)が行える最長2日間のワークショップ型プログラムも同時に提供開始するという。

【関連記事】
EYSC、生成AI利用や開発のためのガバナンス構築支援サービスを提供
EYSC、生成AI技術「GPT-4」活用でサステナビリティ経営支援サービスを強化
EY Japan、損害車リユース事業者の環境価値定量化を支援 新車と再生車のCO2差も見える化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18620 2023/10/19 11:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング