SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Okta、サポートケース管理システムへの不正アクセスを確認

 Okta Securityチームは、資格情報を利用してOktaのサポートケース管理システムにアクセスする脅威行為を確認したと発表した。

 この脅威者は、Oktaの顧客がサポートケースの一部としてアップロードしたファイルを閲覧したとのこと。なお、Oktaのサポートケース管理システムは、本番のサービスとは独立して稼働しており、影響は受けていないという。また、Auth0/CICケース管理システムは、今回のインシデントによる影響はないとしている。

 通常、Oktaのサポートでは、HTTPアーカイブ(以下、HAR)ファイルのアップロードは顧客にお願いしており、HARファイルは、ブラウザのアクティビティを再現することで、問題のトラブルシューティングを可能にする。同ファイルには、クッキーやセッショントークンなどの機密データが含まれている可能性があり、悪意のある脅威者が有効なユーザーになりすますために使用できるという。

 Oktaでは、影響を受けた顧客と協力して調査を行い、埋め込まれたセッショントークンの失効など、保護するための対策を講じたとのこと。一般的に、HARファイル内のすべての資格情報とクッキー/セッショントークンをサニタイズしてから共有することを推奨するとしている。

【関連記事】
日本企業、アイデンティティ管理が国際比で軽視される傾向に──Oktaが調査結果を発表
Okta、セキュリティ強化など支援するAI機能スイートを発表 2024年提供へ
日本のMFA導入の遅れを指摘──Okta Japanがトレンドレポート調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18636 2023/10/23 15:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング