SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

北國銀行、勘定系システムをマルチクラウドで運用へ 新たにGoogle Cloudを採用

 北國フィナンシャルホールディングス傘下で、石川県に本店を置く北國銀行は11月16日、「Google Cloud Next Tokyo ’23」の基調講演にて、勘定系システムに「Google Cloud」を採用し、マルチクラウドで運用すると発表した。

画像を説明するテキストなくても可

 同行は2021年5月に、勘定系システムをオンプレミスからパブリッククラウドの「Microsoft Azure」に移行し、フルバンキングシステムを稼働させている。2023年からは次の施策として、BaaS機能、更新系API、インターネットバンキング、カード事業の機能拡大、それらを支える勘定系システムのマルチクラウド化、クラウドネイティブ化に取り組んでいることを明かした。これらの施策を総称して「次世代地域デジタルプラットフォーム」と呼んでいるという。基調講演に登壇した北國フィナンシャルホールディングス 代表取締役社長の杖村修司氏は「この活動を通して『北陸地方を日本のデジタル先進地域にしたい』という思いがある」と述べた。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 これまでのチャレンジの中で課題にも直面してきたという。銀行の勘定系システムは「超に超がつくほどのミッションクリティカルなシステム」と杖村氏。クラウド環境であっても一定頻度で障害が起きるのが実情だと話す。「一つのクラウドだけに依存することはITガバナンス上、許されることではない。自分たちでコントロールしないといけないと考えた」と取り組みの背景を説明する。

画像を説明するテキストなくても可
北國フィナンシャルホールディングス 代表取締役社長 杖村修司氏

 また、現状の勘定系システムは一つの巨大なシステムで、小回りがきかない状況にもあるという。杖村氏は「20年、30年先を見据えて、フロントシステムと勘定系システムの生産性を同等のものにしていきたい思いがある」と話した。

 そこで同行は、複数のクラウドの長所を活用できるマルチクラウドによるシステム構造を採用。コンテナ化とJava化により、アプリケーション構造の見直しにつなげる。合わせて、WindowsとCOBOLから脱却することを目指すとした。

 マルチクラウドにGoogle Cloudを採用した理由として、杖村氏はまず「全面障害の発生率が低いこと」を挙げる。クラウド間のネットワークにはGoogle Cloudが今年ローンチした「Cross-Cloud Interconnect」を活用する予定で、既に実環境での性能テストにも入っているという。2つ目は「コンテナ技術における実績があること」だとした。特に銀行の勘定系システムには、大規模で効率的なコンテナ運用が必要だと述べる。直接堅牢な基盤を活用することができる「Google Kubernetes Engine」の採用も検討しているという。最後に、Google Cloudと「カルチャー面、DNAの親和性があること」を挙げる。杖村氏は「“Googleマインド”の研修を受けたことで社内は活性化し、心理的安全性も強化された」と振り返った。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 今後に向けて杖村氏は「マルチクラウドと勘定系システムのモダナイゼーションというチャレンジは、絶対にやり遂げることができると思っている。Google Cloudとともに高い価値をお客様に届ける。Google Cloudとの協力を強化し、新しいステージへ挑戦していきたい」と意気込みを述べた。

 なお、マルチクラウド運用は2026年度中の実現を目指すとしている。実現した際には、システム障害が発生しても30分程度で復旧できる見込みだという。

画像を説明するテキストなくても可

基調講演後の記者説明会にて

(右)グーグル・クラウド・ジャパン 日本代表 平手智行氏

【関連記事】
北國銀行と日本ユニシス、Azure上でオープン勘定系システムを稼働開始
特殊詐欺などの不正取引をAIで高精度検知、千葉銀行がラックのソリューション導入へ
NTTデータ、岩手銀行へDataRobotのプラットフォームを活用した「AIサクセスプログラム」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

EnterpriseZine編集部所属。製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18787 2023/11/17 10:56

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング