SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

94%の日本企業がデータ可視性に関して重大な課題を抱えているという結果に──Rubrik調査

 Rubrikは、調査レポート「データセキュリティの現状:先行き不透明な未来のセキュリティ実現に向けた歩み(The State of Data Security: The Journey to Secure an Uncertain Future)」の最新の調査結果を発表した。同調査レポートは、一般化するサイバーリスクの問題と、攻撃領域が拡大する組織におけるデータ保護の課題に対し、見解を提供するもの。

調査概要

  • 調査対象:従業員500人以上の企業のITおよびセキュリティ意思決定者1,600人以上
  • 調査期間:2023年6月30日~7月11日
  • 調査地域:米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、日本、オーストラリア、シンガポール、インド

※調査では、22業界および67カ国の顧客企業5,000社以上を対象とした、Rubrikの測定データが補完的に使用されている。このデータには、2022年1月から7月の期間に保護された35エクサバイト以上の論理ストレージと、240億件以上の機密データレコードが含まれる。

 Rubrik Zero Labsのレポート(2023年)によると、組織のデータ量は過去18ヵ月間で42%増加。全体的なデータ量増加の最も大きな要因はSaaSデータ(145%)で、次いでクラウド(73%)とオンプレミス(20%)という結果になった。Rubrik Zero Labsによると、組織が保護すべきデータ総量は今後1年間で約100BETB増加し、今後5年間では7倍に増加すると予測されている。

 調査対象の組織の61%(日本も61%)は、クラウド、オンプレミス、SaaS環境の複数のロケーションで機密データを保存しており、機密データ専用の保存場所があると回答した組織は4%(日本は2%)を下回った。

 また、外部組織の過半数53%(日本は38%)は、過去1年間に機密情報の重大な損失を経験しており、約6分の1となる16%の組織(日本は6%、調査対象国で最も低い)は、2022年に複数回の損失を経験している結果となった。

 最も広く報告された漏洩データの種類には、個人を特定できる情報(38%)、企業の財務データ(37%)、認証情報(32%)が含まれていた。日本では、保護された医療情報(42%)、企業の財務データ、認証資格情報、および知的財産(全3種類で35%)となった。

 さらに、ITおよびセキュリティリーダーの66%(日本は63%)は、データのセキュリティを保護してリスクを管理する能力を上回るペースで、組織の現在のデータが増加していると考えていることがわかった。外部組織においては、調査対象の98%(日本は94%)がデータの可視性に関して現時点で重大な課題を抱えているとし、54%(日本は63%)はデータとそのセキュリティを担当する上級役員を1名任命していると回答した。

【関連記事】
Rubrik、生成AIを活用したサイバーインシデント対応支援サービスを発表 数か月以内に提供開始へ
Rubrik、機密データの保護などを拡充へ Zscalerやキンドリルとの連携も深化
Rubrik、VMware顧客企業向け生成AI機能発表 サイバーレジリエンス強化を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18809 2023/11/21 15:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング