SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「サイバーセキュリティ」に関する求人は2014年比で24.3倍に。転職者数追いつかず【リクルート調査】

 リクルートは、サイバーセキュリティに関する求人(定義は最終ページに記載)と転職の動向についてまとめ、報告した。

[画像クリックで拡大表示]

 『リクルートエージェント』におけるサイバーセキュリティ関連の求人数推移を分析すると、2014年を1とした際、2023年は24.3倍と大きく伸長。サイバー攻撃への懸念の高まりから右肩上がりで推移しているが、特に2018年から2019年にかけてと、2020年以降で求人の伸びが大きくなっているという。

 同社は、2018年から2019年にかけての伸長の背景には、2020年に開催予定だった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(2021年に延期)があるとみている。重要インフラを狙ったサイバーテロへの懸念が高まった中、セキュリティに関する求人が増加したとしている。

 2020年以降の求人の伸びのきっかけは、新型コロナウイルス感染症が考えられるという。自宅などでのテレワークへの移行に伴い、VPN経由で社内システムにアクセスする機会が増加。こうした社会情勢の下、VPN機器の脆弱性を突いたサイバー攻撃が多発した。事業停止に追い込まれる事態も散見され、企業がセキュリティを強化するニーズが高まったという。

 サイバーセキュリティが重大な経営リスクだという認識が広がる中、昨今では機密情報の窃取を狙う標的型メールや、コンピューターの動作に不正を起こさせるマルウェア、偽の動画や音声を人工的に合成するディープフェイクなどの作成に生成AIが悪用されているとも指摘されており、求人も増加の一途をたどっているとしている。

[画像クリックで拡大表示]

 一方、転職者数の伸びは2014年比で3.62倍という結果に。近年は急増しているものの、求人数の急激な伸び幅と比べると小さく、企業のサイバーセキュリティ関連人材へのニーズに転職者数が追いつかない状況が表れているという。

 企業が求めるスキルを備えた人材は、転職市場に多くはなく、人材獲得競争となっており、採用状況は「レッドオーシャン中のレッドオーシャン」だと述べている。即戦力の人材には、市況感に応じた魅力的な年収を提示しなければ採用は難しくなっているという。

 セキュリティを強化したい企業には、セキュリティ対策の実務経験がなくても活躍の可能性がある人を採用し、自社で育成する覚悟が求められているとしている。セキュリティ部門での実務経験がないITエンジニアがセキュリティ対策のエンジニアへと転職する事例もあるという。企業には、改めて人材要件を見直し、どんな人材が活躍する可能性があるのか再考し、従来の採用戦略を見直すことが求められているとしている。

 リクルートは、サイバー攻撃対策は「守り」の領域なだけに、ものづくり志向のITエンジニアには敬遠される側面もあるとした上で、企業はサイバーセキュリティ関連の仕事の魅力を高め、求職者にアピールする工夫が必要だと述べている。

調査概要
  • 調査方法:『リクルートエージェント』求人データ・転職者データの分析
  • 調査対象:『リクルートエージェント』求人データ・転職者データ
  • 調査実施期間:2014年~2023年
  • 調査機関:リクルート

【関連記事】
92%の企業が「セキュリティと信頼性」をAI戦略の重要な検討事項と回答──Nutanix調査
75%のセキュリティ従事者がサイバー攻撃におけるAIの悪用に懸念示す──ISC2調査
ガートナー、2024年サイバーセキュリティにおける6つのトレンドを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19399 2024/03/18 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング