SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNowと富士通、「Fujitsu Uvance」の新たなオファリング提供へ

 米現地時間2024年5月7日、ServiceNowと富士通は「Fujitsu Uvance」のオファリング提供に向けた戦略的パートナーシップを締結すると発表した。

 両社は、2024年後半にFujitsu Uvance Kawasaki Tower(神奈川県川崎市)で開設する「Fujitsu-ServiceNow Innovation Center」を通じて、富士通のアドバイザリーサービスである「Fujitsu Customer Advisory and Support Excellence」と、ServiceNowの「ServiceNow Impact」を組み合わせた新たなオファリングを提供するという。

 まずは、製造分野に向けた「エンジニアリングチェーンマネジメント(ECM)」と「サプライチェーンマネジメント(SCM)」の管理、業務データの連携、業務プロセスを統合するプラットフォームを「Fujitsu Uvance」のオファリングとして提供することを目指すとのことだ。

 富士通 執行役員副社長COO 高橋美波氏は、「ServiceNowとの戦略パートナーシップ締結により、生成AIをはじめとする両社のテクノロジーと実践知がより高度に融合され、富士通が掲げるマテリアリティの1つである『デジタル社会の発展』に向けた両社の取り組みは、より緊密に強化されることとなります」とコメントしている。

【関連記事】
NTT、富士通らと受託開発ソフトウェア製品のCO2排出量算定ルールを策定
富士通、顧客体験向上めざしSalesforceのカスタマーサービス向け生成AIを採用
2桁成長のServiceNow Japan、アオラナウを軸とした中堅/成長企業への事業展開を本格化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19646 2024/05/08 12:57

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング