SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクル、HCM内の一部でAIによる新たなスキル向上ソリューションを発表 組織開発をより効果的に支援

 オラクルは、「Oracle Fusion Cloud Human Capital Management(HCM)」内の「Oracle ME employee experience platform」の一部である「Oracle Grow」における、新しいAIによるスキル向上ソリューションを発表した。

 「Oracle Grow for Business Leaders」は、ビジネスリーダーによる迅速なチーム開発、スキル向上、能力強化を支援することで、従業員の育成をサポートし、組織の機敏性を高めるものだとしている。企業全体にわたる人材情報を結び付け、スキル開発を効果的にサポートし、従業員の成長を最大化。これにより、ビジネスの成功を支援する統合的なソリューションを提供すると述べている。

 この新たなスキル向上ソリューションには、次のものが含まれるという。

ビジネスリーダーが定義したロール・ガイド

 戦略的成果に向けて連携するため、従業員に提供する規範的なガイドを作成することで、ビジネスリーダーが適切な人材とスキルで重要なニーズを確実に満たせるように支援。この新たなガイドは、AIによるスキルの推奨と生成AI機能を活用し、リーダーが戦略的役割の目的と目標を迅速に詳細説明でき、研修や必要となるドキュメントの確認、メンターなど、従業員がそれぞれの役割で成功を収めるために必要なリソースを特定できるよう支援するという。

一元化されたリーダー向けのダッシュボード

 ロール・ガイド、特定のスキルおよび資格、ビジネスの全体的なスキル開発の進捗状況をリアルタイムで可視化することにより、ビジネスリーダーの機敏性を向上。この新たなダッシュボードは、Oracle Cloud HCMスイート全体からのAIによるインサイトを活用し、リーダーが部門別、事業部門別、ポジション別、個人別のスキル向上を先行的に追跡し、新たなギャップを特定し、ビジネスの成果達成に向けた組織の進捗状況をモニターすることを支援するとしている。

戦略的役割に対する従業員の透明性強化

 個人のパーソナライズされたOracle Growのコンテンツに直接ロール・ガイドを組み込むことにより、ビジネスリーダーは従業員の成長とキャリア開発をより効果的に支援可能に。これにより、従業員はリーダーの期待を把握できるようになり、主要なビジネスニーズを満たすために必要な固有のタスク、スキル、および従業員研修に関するAIによる推奨事項が提供されるという。

革新的な社内でのキャリア流動性

 Oracle Cloud HCM内の社内人材マーケットプレイスである「Opportunity Marketplace」にロール・ガイドを組み込むことで、ビジネスリーダーは社内でのキャリア流動性を最大化し、適切な人材を迅速に見出すことが可能に。この新たな追加機能は、AIによる推奨を活用し、標準の社内求人やプロジェクト情報の掲載にとどまらず、従業員が新たなキャリアパスのチャンスを見出すのを支援する一方、ビジネスリーダーがチーム内またはより広範な組織内で適切な人材やスキルを探し出すために必要な可視性を提供するとしている。

スキル集約プラットフォーム

 人および業務データを完全に統合する単一のスキル基盤であり、スキル集約プラットフォームである「Oracle Dynamic Skills Platform」を通じて、組織によるスキルベースの人材活用法の導入を加速。Oracle Growに直接組み込まれた「Oracle Dynamic Skills Platform」は、シードされたスキルのライブラリの提供と、組織の既存スキルデータまたはサードパーティ・スキルデータの統合を行い、人材インテリジェンス、エクスペリエンス、プラクティスを強化するAIによる推奨機能を提供するという。

【関連記事】
アクセンチュアとオラクル、生成AIへの新たな投資を発表 第1弾は経理・財務ソリューション提供へ
Red Hatとオラクル、OCI上でRed Hat OpenShiftを一般提供開始
日本オラクル、「Oracle Fusion Data Intelligence」の新AI機能を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19746 2024/05/28 07:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング