SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立×Google Cloud、複数年にわたる戦略的アライアンスを締結 新たな組織の設立も

 日立製作所(以下、日立)とGoogle Cloudは5月29日、生成AIによる企業のイノベーションと生産性向上を加速するため、複数年にわたる戦略的アライアンスを締結したと発表した。

画像を説明するテキストなくても可

 具体的に日立は、Google Cloudの生成AIモデル「Gemini」やAIプラットフォーム「Vertex AI」、その他のクラウド技術を活用し、企業の課題解決を支援する新たな組織を設立するほか、Google CloudのAIを採用し、自社の製品やサービスを強化する。同提携を通じて日立は、デジタル事業の中核であるLumadaの成長を加速するとともに、全社の業務効率化や生産性向上を推進するという。

 両社はGoogle Cloudのテクノロジーを新規および既存の顧客に提供するため、日立の子会社であるGlobalLogicの中に「Hitachi Google Cloud Business Unit」と「Google Cloud Center of Excellence」を設立。また、日立の「Gen AI Professional」の育成プログラムの一環として、Google Cloudの生成AI関連技術に関する研修をプログラムに取り入れる。この取り組みを通じて両社は、新設する組織における専門性とマネージドサービス力を強化し、大企業がAIを活用した運用方法を根本的に改善するために必要なサポートを提供していく。

 そのほか、以下の新たな取り組みを実施していく。

新たな生成AIソリューションの開発・提供

 日立は、Geminiモデルを活用し、レガシーシステムの効率的なモダナイゼーションを支援するソリューションを開発するほか、Google CloudのContact Center AIを採用する。たとえば、Google CloudのAgent Assistを活用することで、カスタマーサービス担当者は、リアルタイムでのナレッジ支援と解決策の提案が可能となるという。これらのソリューションは、AI適用において企業のニーズに対応するために設計されたGlobalLogicの「Platform of Platforms」アーキテクチャに対応している。

オンプレミス環境とクラウド環境で実現する、生成AIソリューションの利用環境

 日立は、オンプレミスとクラウドの両方でIT環境を運用する顧客に対し、既存のIT環境を維持しながら、運用を刷新することを可能にするソリューションを提供。Hitachi Vantaraが提供する「Hitachi Virtual Storage Platform One」にも対応するため、同社のハイブリッドクラウドプラットフォームに保存されたデータを使用し、生成AIのアプリケーションを構築することが可能。

Go-to-marketに向けた共同施策

 日立とGoogle Cloudは、営業、マーケティング、エンジニアリングの各チームの連携を強化し、日立のGoogle Cloud Business UnitとGoogle Cloud CoEを通じて、様々な業種の顧客が、生成AIプロジェクトの実行と管理において必要なリソースを利用できるようにする。

デジタル人材育成の強化

 日立は、顧客のAIによる変革を支援する上で重要な役割を果たす「GenAI Professional」を、グローバル研修プログラムを通じて、5万人以上育成するという。今回の提携を通じ、日立は、Google CloudのAIソリューションなど関連技術を身につける研修もプログラムの一部に組み込む予定だ。

 なお、GlobalLogicとGoogle Cloudは、15年以上にわたる協力関係を築いてきたが、その連携をさらに拡大するとしている。

【関連記事】
日立、オリックス銀行のクラウド運用変革を支援へ SRE観点から5つの指標で成熟度を評価
東武鉄道と日立、指をかざすことで決済・年齢確認などが可能なセルフレジを東武ストア3店舗に導入へ
日立システムズ、生成AI活用で顧客のビジネスイノベーションを協創へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19771 2024/05/30 07:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング