SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「日本DX大賞2024」決まる 延べ132エントリーから三井住友カードなどが受賞

 日本DX大賞実行委員会は6月17日から21日にかけて、「日本DX大賞2024」の決勝大会を開催し、最終日となる21日に「日本DX大賞2024」の受賞者を発表した。

 今回で3回目を迎える同大賞は、「行政機関・公的機関」「ビジネストランスフォーメーション(BX)」「マネジメントトランスフォーメーション(MX)」「サステナビリティトランスフォーメーション(SX)」「カスタマーエクスペリエンス(CX)」の5部門に分け、それぞれの分野でDXを牽引する企業や団体を表彰するもの。

 部門別の受賞者は次の通り。

行政機関・公的機関部門

  • 大賞:都城市「全国初!自治体専用生成AIプラットフォーム『zevo』で自治体の未来を切り拓く」
  • 優秀賞:福島市、佐賀市
画像を説明するテキストなくても可

(左から)滋賀県湖南市 元市長 谷畑英吾氏、

都城市 デジタル統括課 主幹 佐藤泰格氏

 都城市 デジタル統括課 主幹の佐藤泰格氏は「3大会連続で決勝進出し、昨年は大賞を受賞した。今回は自治体で使える生成AIプラットフォームの開発を発表。行政が変わらないといけない時代になっている。大賞をとって終わりではなく、次々と新しい取り組みを進めていく必要がある」とコメント。審査員を務めた滋賀県湖南市 元市長の谷畑英吾氏は「自治体はLGWANという閉じられた中だが、そこでも生成AIを使っていけるということを示してくれた。さらに、各自治体の共通課題をあぶりだすことができるプラットフォームを作った点を評価した」と話した。

ビジネストランスフォーメーション(BX)部門

  • 大賞:株式会社バルカー「設備点検プラットフォーム『MONiPLAT』~創業96年の製造業、初めてのSaaS事業へ挑戦」
  • 優秀賞:資生堂インタラクティブビューティー株式会社、株式会社クレディセゾン
画像を説明するテキストなくても可

(左から)ローランド・ベルガー パートナー 小野塚征志氏、

バルカー デジタル戦略本部長 兼 執行役員 川上孝弘氏

 バルカー デジタル戦略本部長 兼 執行役員の川上孝弘氏は「本気で取り組んできたのでうれしい。当社は創業96年の会社だが、全社一丸となって新しい事業を作っていっているところだ。実は今、半導体のシール製品を米国企業に多く販売している。今回発表したデジタル製品も製造業に関連するので世界で戦えると思っている」と意気込みを語った。審査員のローランド・ベルガー パートナーの小野塚征志氏は「設備保全のデジタルプラットフォームを作ったことだけでも素晴らしい取り組み。さらに、無料で配布し、一定数使われると収益になるというビジネスモデルも素晴らしい。まさに価値創造型のビジネス」と評した。

マネジメントトランスフォーメーション(MX)部門

  • 大賞:株式会社後藤組「中小建設業が挑むデータ・ドリブン経営:ノーコード活用と『全員DX』」
  • 優秀賞:松本興産株式会社、日清食品ホールディングス株式会社
画像を説明するテキストなくても可

(左から)ファンリーシュ 代表取締役 志水静香氏、

後藤組 代表取締役社長 後藤茂之氏、同社 経営管理部 部長 笹原尚貴氏

 後藤組 代表取締役社長の後藤茂之氏は「社員に慣れてもらうために、毎月1つアプリケーションを作るという無茶ぶりをしてきた。慣れてきてからは、自分たちの仕事が楽になるものを作ることに。営業会議の資料作成の時間がゼロになるなど、社員が効果を実感してきてくれた。これを機に建設業全体の生産性を上げることに貢献できたら」と話す。審査員のファンリーシュ 代表取締役の志水静香氏は「チェンジマネジメントに加えて、再現性にも着目。大失敗をしたけど、社長がみんなを巻き込むんだといってやり方を変えたという話があった。業界を超えて、中小企業にもこの成功例が伝わったら」とコメント。

サステナビリティトランスフォーメーション(SX)部門

  • 大賞:株式会社果実堂「改善活動を基盤に全社で取り組むIoT・RPA技術を活用した休める稼げる農業DX」
  • 優秀賞:株式会社天地人、株式会社誠和
画像を説明するテキストなくても可

(左から)バーチュデザイン 代表理事/東京大学教養学部 客員教授 吉高まり氏、

果実堂 工場管理部業務推進センター チーフ 塚口世名氏、同社 代表取締役 高瀬貴文氏

 果実堂 代表取締役の高瀬貴文氏は「社員一同の努力で、農業者でもできるっていうことを伝えられた。コツコツと積み上げていって、農業者全体をDXで変えていけたら」と抱負を語った。審査員を務めたバーチュデザイン 代表理事で東京大学教養学部 客員教授の吉高まり氏は「日本の農業が危機的な状況であることは政府の方でも言っているが、それをチャンスと捉え、これから農業をいかに変えていこうかプレゼンで熱く語っていただいた。DXで世代を超えて一緒にやっていることにも感動した」と話す。

カスタマーエクスペリエンス(CX)部門

  • 大賞:三井住友カード株式会社「モバイル総合金融サービスOlive」
  • 優秀賞:株式会社ヤマップ、株式会社エアークローゼット
画像を説明するテキストなくても可

(左から)デジタルシフトウェーブ 代表取締役社長 鈴木康弘氏、

三井住友カード マーケティング本部長補佐 伊藤亮佑氏

 三井住友カード マーケティング本部長補佐の伊藤亮佑氏は「(モバイル総合金融サービスOliveの)プロジェクトを進めていく中で、若者向けのアプリにしようという考えも沸いたが、リテールの中心でやっていくことを決意。SMBC、SMCC、SBI証券といったグループ会社など、延べ1,000人ほどが関わってできた。感謝申し上げたい」とコメントした。審査員のデジタルシフトウェーブ 代表取締役社長の鈴木康弘氏は「金融業界は縦割りでなかなか調整が大変。それを打ち破って、Oliveができたことは価値がある。他の業界にも広げていくとのことでさらなる大賞を目指して頑張ってほしい」と期待を寄せる。

 なお、主催の日本デジタルトランスフォーメーション推進協会によると、DX大賞2024は全国から132エントリーがあったという。

【関連記事】
「日本DX大賞2024」ファイナリストが決定、佐賀県やクレディセゾン、松本興産など20の団体・企業
「日本DX大賞 2024」開催へ ビジネスモデルの変革、顧客体験の向上などのDX先進事例を募集
「日本DX大賞2023」みんなの銀行やI-OTA、群馬県などが授賞

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

EnterpriseZine編集部所属。製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19920 2024/06/21 21:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング