SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Visionalグループの脆弱性管理クラウド「yamory」、オートトリアージ機能が米国特許を取得

 Visionalグループのアシュアードが運営する脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」(以下、yamory)は、脆弱性対応の優先度を自動判別し、脆弱性管理や対応にかかる作業工数を削減することができる「オートトリアージ機能」の技術について、米国特許を取得したと発表した。同技術の特許性が認められたのは、日本に続き、2ヵ国目となるという。

【米国特許】

  • 発明の名称:PROCESSING DEVICE AND PROCESSING METHOD
  • 特許番号:US12,013,948

 今回特許を取得した技術は、yamoryに搭載された「オートトリアージ機能」に活用されているものとのこと。この機能は、オープンソースの脆弱性情報の中から、脆弱性自体の深刻度に、脆弱性が存在するシステムの使用状況と攻撃コード(PoC)の有無を加味し優先順位づけを行うものだという。これにより、ユーザーの組織やチームにとって対応優先度の高い脆弱性を自動で判別するとのことだ。

 オートトリアージ機能により判別された脆弱性情報は画面上で可視化されるため、ユーザーは対応の優先度が高い脆弱性を把握し、脆弱性の管理や対応にかかる作業工数を削減できるとしている。

オートトリアージ機能概要(画像をクリックで拡大)
トリアージされた脆弱性情報を一元化したダッシュボードのイメージ(画像をクリックで拡大)

【関連記事】
シチズン時計、脆弱性管理にTenableを採用 オンプレミス資産の監視と管理を簡単に
脆弱性発見からエクスプロイト開始まで上半期比で43%加速——フォーティネットグローバル脅威レポート
JPCERT/CC、Adobe AcrobatとAdobe Acrobat Readerにおける脆弱性に関する情報を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19932 2024/06/25 18:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング