EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「地球シミュレータ」次期システムの最高計算速度は毎秒131兆回に

  2008/05/13 18:11

NECは、海洋研究開発機構の超高速計算システム「地球シミュレータ次期システム」を落札したと発表した。次期システムでは、システム全体のピーク性能が131TFLOPS(テラフロップス:1秒間に1兆回の浮動小数点演算性能)になる予定。

 

 NECは、海洋研究開発機構の超高速計算システム「地球シミュレータ次期システム」を落札したと発表した。次期システムでは、システム全体のピーク性能が131TFLOPS(テラフロップス:1秒間に1兆回の浮動小数点演算性能)になる予定。

 地球シミュレータは、地球シミュレータ研究開発センターが開発した超高速ベクトル並列計算機システム。地球規模の環境変動の解明・予測を目的として作られ、神奈川県の海洋研究開発機構横浜研究所 地球シミュレータセンターにて2002年より稼動している。運用開始から2年半の間、TOP500スーパーコンピュータランキングにおいて1位に認定されていた。現行のOSはNECの「SUPER-UX」を機能拡張させたものであり、Fortran 90、CおよびC++のコンパイラが利用できる。

 今回、部品の老朽化等のため新たなシステムへ更新するにあたり、一般競争入札によってNECが提案するシステムを導入することに決定した。次期システムでは、アプリケーション実効性能と主記憶容量が現行の2倍になる予定。2009年3月より運用を開始する見込みとなっている。

 
【関連リンク】
「地球シミュレータ次期システム」を落札:NEC(プレスリリース)
地球シミュレータの更新について:独立行政法人海洋研究開発機構(プレスリリース)
地球シミュレータ

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5