EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

最新技術と仮想化基盤のシステム環境の健全性について解説 日立システムズ、「第37回 VMware理解が深まるセミナー」を12月12日に開催

  2011/11/30 00:00

日立システムズは、「第37回 VMware理解が深まるセミナー」を12月12日(月)に開催する。
 

このセミナーでは、「VMware vSphere5」を含む最新のVMware仮想化技術、そして、仮想デスクトップ分野で実績のある「VMware View」を活用して事業継続性を実現する手法を紹介するという。同時に、企業のシステム基盤として採用され始めている仮想化プラットフォーム基盤(プライベートクラウド等)におけるファシリティ環境の健全性・最適化、導入に際してシステム担当者が必ず直面する運用課題の解決方法についても紹介するという。

また、事業継続の観点から、システム運用環境の簡易診断を行う「サーバ健全性クリニック」について、その必要性とメリット、さらに診断結果に基づいたIT基盤最適化のアプローチについても解説するとしている。

■「第37回 VMware理解が深まるセミナー」の概要
日時:2011年12月12日(月曜日)14時~17時(受付:13時30分~)
会場:日立ハーモニアス・コンピテンス・センター
   (品川イーストワンタワー13階)
参加費:無料(事前登録制)
主催:日立システムズ
共催:ヴイエムウェア
セッション:
「VMwareの最新仮想化戦略と仮想化技術を用いたITのあり方について」
「これで安心、プライベートクラウド運用」(予定)
「サーバ健全性クリニックによるIT基盤最適化のススメ」
「クラウド環境でのファシリティ強化策」

■「第37回 VMware理解が深まるセミナー」の詳細と参加登録
http://www.vsolution.jp/vmware/seminar/vmware_37/?banner_id=epz1212

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5