SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ビジネスアナリスト資格、初のCCBA日本語試験に28名が合格

日本が資格保有者数で世界第1位に

CCBA(Certification of Competency in Business Analysis)は、ビジネスアナリストに対しての公式認定であり、応募にはビジネスアナリストとして3,750時間以上の実践的な経験が必要だという。

また、上級の資格であるCBAP(Certified Business Analysis Professional)は、広範なビジネスアナリシスの経験を持つ個人に与えられる専門性の認定で、応募にはビジネスアナリストとして7,500時間以上の実践的な経験が必要だという。

IIBA(International Institute of Business Analysis)は、国際的なビジネスアナリシスの啓蒙を行う非営利団体。IIBAは、ビジネスアナリシス、システムアナリシス、 要求分析、プロジェクトマネジメント、コンサルティング、プロセス改善などの領域で円滑な業務推進を支援しているという。IIBA日本支部は、2008年12月に設立され、日本語試験の実現などに取り組んできた。

発表によると、1月8日現在、日本のCCBA資格保有者は29名(日本語試験合格者28名、英語試験合格者1名)だという。CCBAの資格保有者は世界16カ国82名であるため、国別では日本が世界第1位になるという。

なお、CCBA日本語試験は、2012年1月4日からCBT(コンピュータ)試験で受験できるようになっており、受験者がキャリアに合わせてチャレンジすることが可能だとしている。

現在、CCBAは英語版と日本語版の試験がCBTで実施されており、ペーパー試験の予定はないという。また、CBAPの試験はCBTの英語版のみが実施されているという。

■CBAP認定およびCCBA認定の受験の詳細
http://www.iiba-japan.org/cert.php
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3707 2012/01/11 18:18

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング