SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

さくらインターネット、物理作業不要のデータセンターサービス「リモートハウジング」を提供開始

「リモートハウジング」は、機器を選択して設置できるハウジングの自由度はそのままに、入局などの物理作業を不要とした新しいデータセンターサービスだという。サーバの設置などの物理作業はすべてさくらインターネットが代行するため、ユーザーはサービス開発などの業務に集中することができるとしている。

ユーザー所有の機器を設置することはもちろん、サーバやネットワーク機器を同社からレンタルすることも可能で、システムを迅速に拡張することができるという。また、「さくらの専用サーバ」などのホスティングサービスとローカルネットワークを共通化することができ、VPN回線や広域イーサネットなどの外部回線を引き込むことも可能だという。

「リモートハウジング」は、昨年11月15日に開所したPUE1.1台というエネルギー効率をもつ国内最大級の郊外型データセンター「石狩データセンター」をファシリティとし、「さくらのクラウド」「さくらの専用サーバ」に続く第3弾サービスとして提供されるという。

発表によるとサービスの概要は次の通り。

・一般的なハウジングサービスでは、ラックサイズと電源容量が固定的に設定されており、スペースと電力を無駄なく利用することが困難。「リモートハウジング」では、ラックプランと電源プランをそれぞれ独立させることにより、必要なリソースを必要な分だけ利用可能。

・企業内システムの設置やバックアップセンターとして利用する場合などは、VPN回線や広域イーサネットなどの外部回線の引き込みが可能。また、「さくらの専用サーバ」などのホスティングサービスとローカルネットワークを共通化できるため、他サービスで要件が満たせない部分でのみ「リモートハウジング」を使うことも可能。

■ニュースリリース
http://www.sakura.ad.jp/press/2012/0328_remotehousing.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3882 2012/03/28 15:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング