Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

機器の選択、外部回線の引き込みなど、自由度を保持したサービス さくらインターネット、物理作業不要のデータセンターサービス「リモートハウジング」を提供開始

  2012/03/28 14:00

さくらインターネットは、入局などの物理作業がいらないデータセンターサービス「リモートハウジング」の申し込み受付を4月18日より開始すると発表した。
 

「リモートハウジング」は、機器を選択して設置できるハウジングの自由度はそのままに、入局などの物理作業を不要とした新しいデータセンターサービスだという。サーバの設置などの物理作業はすべてさくらインターネットが代行するため、ユーザーはサービス開発などの業務に集中することができるとしている。

ユーザー所有の機器を設置することはもちろん、サーバやネットワーク機器を同社からレンタルすることも可能で、システムを迅速に拡張することができるという。また、「さくらの専用サーバ」などのホスティングサービスとローカルネットワークを共通化することができ、VPN回線や広域イーサネットなどの外部回線を引き込むことも可能だという。

「リモートハウジング」は、昨年11月15日に開所したPUE1.1台というエネルギー効率をもつ国内最大級の郊外型データセンター「石狩データセンター」をファシリティとし、「さくらのクラウド」「さくらの専用サーバ」に続く第3弾サービスとして提供されるという。

発表によるとサービスの概要は次の通り。

・一般的なハウジングサービスでは、ラックサイズと電源容量が固定的に設定されており、スペースと電力を無駄なく利用することが困難。「リモートハウジング」では、ラックプランと電源プランをそれぞれ独立させることにより、必要なリソースを必要な分だけ利用可能。

・企業内システムの設置やバックアップセンターとして利用する場合などは、VPN回線や広域イーサネットなどの外部回線の引き込みが可能。また、「さくらの専用サーバ」などのホスティングサービスとローカルネットワークを共通化できるため、他サービスで要件が満たせない部分でのみ「リモートハウジング」を使うことも可能。

■ニュースリリース
http://www.sakura.ad.jp/press/2012/0328_remotehousing.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5