SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HPのクラウドアプライアンス「HP CloudSystem Matrix」がOpenStackに対応

オープンスタンダードに対応し、クラウド環境とのよりシームレスな接続を実現

HPが提唱する「HP Converged Cloud」は、クラウド分野において多様な技術とサービスが勃興している現状において、企業や行政組織などが最適な技術・サービスを取り入れ、要件を満たしつつむだのないクラウド環境を導入・構築できるよう支援するために開発されたアーキテクチャ、テクノロジー、ノウハウの総称だという。

「HP Converged Cloud」は、パブリック、マネージド、プライベートの各形態のクラウドが業務要件に応じて混在するハイブリッドクラウドの構築を前提としているという。HPは製品やサービスにおいて、OpenStackへの対応を進めているという。その対応状況は次のとおり。

・米国で展開中のパブリッククラウドサービス「HP Cloud Services」における、OpenStackに準拠したサービス開発。

・プライベート/ハイブリッドクラウド向けのクラウドサービスライフサイクル管理用ソフトウェア製品「HP Cloud Service Automation」におけるOpenStack対応。

・2013年内にOpenStackと連携してネットワーク構築の効率的な管理と自動化を実現する技術「HP Virtual Cloud Network Application」を市場投入予定。

今回、オールインワン構成により迅速なプライベート/ハイブリッドクラウド環境の構築を実現するアプライアンス「HP CloudSystem Matrix」の新バージョン7.2では、KVM(Linuxカーネル仮想化基盤)のOpenStack対応管理機能である「HP Matrix KVM Private Cloud」が実装されるという。それにつづいて、この製品の今後のバージョンアップにおいてもOpenStackへの対応範囲を拡大する予定だという。

それにより、この製品の「HP Converged Cloud」戦略における中核製品としての位置付けを強固にするとともに、OpenStack準拠のパブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境のスムーズな接続、あるいはプライベートクラウド内のコンポーネント同士のより柔軟で高度な連携の実現に向け、機能強化を図るとしている。

また、将来的には、OpenStackの技術を用いて、「HP CloudSystem Matrix」をプライベート/パブリックといったクラウドの種類の違いを意識することなく、相互のリソースを管理・利用できるコントローラーとして機能させることをめざすという。

■日本HPのクラウドソリューションのWebページ
http://www.hp.com/jp/cloud

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4665 2013/03/19 14:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング