EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オープンスタンダードに対応し、クラウド環境とのよりシームレスな接続を実現 HPのクラウドアプライアンス「HP CloudSystem Matrix」がOpenStackに対応

  2013/03/19 14:00

日本ヒューレット・パッカードは、クラウドアプライアンス「HP CloudSystem Matrix」が、3月下旬にリリース予定のバージョン7.2からクラウドのオープンスタンダード「OpenStack」に対応すると発表した。これにより、この製品はHPが提唱するハイブリッドクラウド戦略「HP Converged Cloud」の中核製品として、クラウド環境とのよりシームレスな接続を実現するとしている。
 

HPが提唱する「HP Converged Cloud」は、クラウド分野において多様な技術とサービスが勃興している現状において、企業や行政組織などが最適な技術・サービスを取り入れ、要件を満たしつつむだのないクラウド環境を導入・構築できるよう支援するために開発されたアーキテクチャ、テクノロジー、ノウハウの総称だという。

「HP Converged Cloud」は、パブリック、マネージド、プライベートの各形態のクラウドが業務要件に応じて混在するハイブリッドクラウドの構築を前提としているという。HPは製品やサービスにおいて、OpenStackへの対応を進めているという。その対応状況は次のとおり。

・米国で展開中のパブリッククラウドサービス「HP Cloud Services」における、OpenStackに準拠したサービス開発。

・プライベート/ハイブリッドクラウド向けのクラウドサービスライフサイクル管理用ソフトウェア製品「HP Cloud Service Automation」におけるOpenStack対応。

・2013年内にOpenStackと連携してネットワーク構築の効率的な管理と自動化を実現する技術「HP Virtual Cloud Network Application」を市場投入予定。

今回、オールインワン構成により迅速なプライベート/ハイブリッドクラウド環境の構築を実現するアプライアンス「HP CloudSystem Matrix」の新バージョン7.2では、KVM(Linuxカーネル仮想化基盤)のOpenStack対応管理機能である「HP Matrix KVM Private Cloud」が実装されるという。それにつづいて、この製品の今後のバージョンアップにおいてもOpenStackへの対応範囲を拡大する予定だという。

それにより、この製品の「HP Converged Cloud」戦略における中核製品としての位置付けを強固にするとともに、OpenStack準拠のパブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境のスムーズな接続、あるいはプライベートクラウド内のコンポーネント同士のより柔軟で高度な連携の実現に向け、機能強化を図るとしている。

また、将来的には、OpenStackの技術を用いて、「HP CloudSystem Matrix」をプライベート/パブリックといったクラウドの種類の違いを意識することなく、相互のリソースを管理・利用できるコントローラーとして機能させることをめざすという。

■日本HPのクラウドソリューションのWebページ
http://www.hp.com/jp/cloud

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5