EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Talend、オープンソースのデータ統合・連携プラットフォームの最新版「Talend v5.3」の新機能を発表

  2013/05/23 18:00

Talendは5月23日、オープンソースのデータ統合・連携プラットフォームの最新版「Talend v5.3」の新機能の発表を行った。Talend v5.3では、統合・連携プラットフォームを拡張し、Apache Hadoopおよび関連するテクノロジーの適用と管理を容易にする新しい機能を追加した。

 Talendは5月23日、オープンソースのデータ統合・連携プラットフォームの最新版「Talend v5.3」の新機能の発表を行った。Talend v5.3では、統合・連携プラットフォームを拡張し、Apache Hadoopおよび関連するテクノロジーの適用と管理を容易にする新しい機能を追加した。

 Talend v5.3では、Talend Big Dataにおいて、ネイティブHadoopジョブを自動生成し、データ処理やデータ変換をダイレクトにHadoop Map Reduceジョブとして稼働させることを可能にし、スケーラビリティの向上が実現できるという。

 また、Map Reduceをレバレッジとして、データ統合の開発者は、ジョブをHadoop上に構築することができる。また、開発者はビッグデータ統合において、新たにHadoop Map Reduceを学習する必要がなく、直感的でグラフィカルな開発環境でHadoop等のビッグデータ処理の開発が容易になるとしている。

 Talend v5.3 Talend Big Dataの主な新機能は以下の通り。

・Hadoop Map Reduceをデータ処理エンジンとして活用

  •  企業ITにおけるデータ処理技術者は、新たにHadoop Map Reduceを学習する必要なく、Hadoop等のビッグデータ処理の開発が可能。
  • Apache Pigを使用する開発者は、Pig言語によるビジュアルマッピング処理が可能。またPigベースのユーザー定義関数もサポート。
  • 半構造データと非構造データのパーシングをサポート。

 ・NoSQLサポートの拡張およびAmazon Elastic Map Reduce、Amazon Redshiftのサポート

  •  Couchbase、CouchDB、Neo4j を新規にサポート
  • Amazon Redshift、Amazon Elastic Map Reduce(EMR) を新規にサポート

 Talend v5.3の商用サブスクリプション製品は、2013年6月末より提供を開始する予定。

写真:Talend株式会社 代表取締役 有延 敬三氏

 また、同社の記者発表で、2013年4月25日付けでTalendの日本法人代表取締役に就任した有延敬三氏は、「インテグレーションの市場が伸びてきている。この背景にあるのはクラウド、ビッグデータ、BI市場の拡大。Talendはグローバルでの実績を上げ、お客様の課題を解決してきた。日本でも同様に、パートナーと一緒に付加価値を高め、お客様にソリューション提供をしていく」と語り、日本市場での意気込みを述べた。

■関連URL:Talend社 ホームページ http://jp.talend.com/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5