EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBMのイベント、Impact2013が開催される。モバイルソリューションなどの事例公開

  2013/07/18 20:00

 IBMが主催する年次イベント「Impact 2013」が7月18日、品川プリンスホテルで開催された。基調講演のほか、25のセッションがおこなわれ、モバイルソリューション構築事例に注目が集まった。

 午前中の基調講演は、IBMの理事、三戸篤氏のファシリテーションのもと、IBMのモバイルを中心にしたテーマのコンセプトが語られるとともに、国内外の企業の事例が紹介された。

 「従来の業務システムは、記録のためのシステム・オブ・レコード。現在注目されているのは、人と人との関係をつなぐシステム・オブ・エンゲージメントだ。そして今後、IBMがこれらの相互作用によるシステム・オブ・インタラクションで企業ITの領域を広げていく」(三戸篤氏)

日本アイ・ビー・エム株式会社 理事 ソフトウェア事業 WebSphere事業部 事業部長 三戸 篤氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 理事 ソフトウェア事業 WebSphere事業部 事業部長 三戸 篤氏

 韓国のファイナンス・オールのクリス・J・チャン氏がロッテ・カードのモバイル・アプリケーションの事例、銀行の定期積立預金商品の優遇金利キャンペーンに連動したモバイルアプリなどの事例を紹介。当初、ネイティブアプリが中心だったが、Worklightの導入によりハイブリッドなアプリを短納期で開発できるようになった。

韓国ロッテのモバイルアプリケーション スマートロッテをWorklightで構築
韓国ロッテのモバイルアプリケーション スマートロッテをWorklightで構築

 東京海上日動システムズの事例では、同社が保険事業の経営改革のための「チャレンジ50」を推進する中、開発期間を50%減少させた背景が紹介された。成功要因は、IBMのODM(Operational Decision Management)の導入による要求開発、要求定義による工数の削減、ビジネス現場に対応するルールの柔軟な変更であったという。

 一体化したサーバ製品、PureApplication Systemの生みの親ともいえるIBM フェロー ジェイソン・マギー氏も来日し登壇。PureSytemsの開発の背景と、発表以降のパターンの増加、導入の最新動向について語った。

IBM Fellow, CTO PureApplication System ジェイソン・マギー氏
IBM Fellow, CTO PureApplication System ジェイソン・マギー氏

 この後、同社のモバイル・アプリケーション開発製品の最新バーションである「Worklight6.0」の新機能として、位置情報の拡充、テスト機能の追加が紹介された。また、HTTPに代わるモバイルの非同期型通信プロトコルのMQTT、ESB製品のIBM Integration Bus の最新バーションなども紹介。午後のセッションは、6トラック、25セッションがおこなわれた。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5