SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EMCジャパン、ビッグデータ用スケールアウトNASの最新版「Isilon」を発表

データ重複排除を搭載し、セキュリティとデータ保護を強化

 最新版の「Isilon」に搭載されるオペレーティングシステム「OneFS 7.1」は、データ量の増加、セキュリティの強化、システムの運用性などに対して、最適な機能を提供するという。

 この製品により、エンタープライズストレージへの効率性に加え、エンタープライズクラスの重複排除機能、データ暗号化、監査機能に対応し、急速に変化する世界におけるビジネス手法の変革を支援するとしている。

 発表によると、「Isilon OneFS 7.1」の主な追加機能は次のとおり。

 ・新しいソフトウェアオプションである「Isilon SmartDedupe 」の重複排除機能により、企業の保存データを最大30%削減。

 ・自己暗号化ドライブ(SED)を採用した「Isilon暗号化ノード」により、アプリケーションやワークロードのパフォーマンスをむだにすることなく保存データを暗号化し、厳しいセキュリティ要件に対応。

 ・安全かつ迅速なサポートを24時間365日提供するため、プロアクティブで双方向のリモートサポート機能「ESRS(EMC セキュアリモートサポート)」に対応。

 ・サードパーティの監査アプリケーションと連携することにより、企業内の厳格なコンプライアンス要件への対応が可能。

 ・インターネットでの業務に適したRESTベースのAPIの対応を拡張し、優れた相互運用性を実現。

 また、EMCジャパンは、新たにネットワールドとソフトバンクBBの2社とディストリビュータ契約を締結したという。

【関連リンク】
EMCジャパン「ストレージ」のWebページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5411 2013/11/27 12:12

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング