EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

仮想サーバ上の薬剤・リハビリ支援などの医療情報システムも「Deep Security」で保護 青森県立中央病院が仮想デスクトップのセキュリティ対策に「Trend Micro Deep Security」を採用

  2014/05/21 18:50

 トレンドマイクロは、青森県立中央病院が、院内で使用する仮想デスクトップ(VDI)約400台のセキュリティ対策に、総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」が採用されたと発表した。

 青森県立中央病院では、医療業務の効率向上を目的として、電子カルテ情報の入力・閲覧用システムを仮想デスクトップ上で導入した。さらに、全病棟の看護師にAndroidタブレットを配布し、院内のどこからでもアクセス、編集できる環境を整備した。

 VMware Horizon Viewで構築した仮想デスクトップ導入にあたり、患者の個人情報を入力・閲覧するシステムを保護するため、セキュリティ対策が必須とされたという。

 しかし、セキュリティ対策を実施することによりシステムに負荷がかかり、パフォーマンスが低下、医療業務に支障をきたすことが懸念されたという。

 そこで、セキュリティ対策製品の比較検討の結果、エージェントレスで仮想環境へのシステム負荷を抑えつつ、システムを保護することが可能な「Deep Security」が採用され、この3月に導入されたという。

 また、青森県立中央病院では、仮想デスクトップ導入と同時に、薬剤システムや給食システム、リハビリ支援システムなど、これまで部門ごとに設置されていた約30のシステムも仮想サーバ上に集約した。

 この仮想サーバに対しても、「Deep Security」を導入し保護。集約したシステムのさまざまなOSに対応した「Deep Security」により、安全なシステム運用を実現したとしている。

【関連リンク】
事例の詳細
「Deep Security」の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5