EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ファイア・アイの脅威対策プラットフォームによりネットワークセキュリティを強化 アミューズが「FireEye NXシリーズ」を導入し、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃に対応

  2014/05/28 12:00

 ファイア・アイは、大手総合エンターテインメント企業であるアミューズがネットワークセキュリティ強化のために、ファイア・アイの脅威対策プラットフォーム「FireEye NXシリーズ」を採用したことを発表した。アミューズは、「FireEye NXシリーズ」により、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃に対応するという。

 アミューズでは、メールサーバーの障害を機に、社内マルウェア感染の調査を実施。その際に試験導入した「FireEye NXシリーズ」が、すでに導入済みのアンチウイルスソフトで検知できなかったマルウェアを検知できたため、この製品の導入を決定したという。

 「FireEye NXシリーズ」は、従来型のセキュリティシステムでは検知できないWebベースの攻撃を防御するための脅威対策プラットフォーム。

 高度な標的型攻撃では、重要なシステムへの侵入、既存のセキュリティ対策の偵察、ネットワーク上のシステムに不正アクセスするための長期的な足がかりの構築、盗み出したデータの外部への送信など、不正な活動の多くがWeb経由で行われるという。

 「NXシリーズ」は、ゼロデイのWeb攻撃や複数のプロトコルを使用したコールバックを検知し、ネットワーク内の機密データやシステムを保護するとしている。

【関連リンク】
製品の詳細

>

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5