EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

情報セキュリティ大学院大学との協業でセキュリティー人材育成支援サービスも開始 IBM、サイバー攻撃対策でTokyo SOCを拡充

  2014/05/29 17:20

 日本IBMは、サイバー攻撃への対策が喫緊の課題となる中、全世界で展開しているIBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)の1つ「Tokyo SOC」を拡充し、サイバー・セキュリティー分野のビジネスを強化すると発表した。

 Tokyo SOCは、従来から提供している「セキュリティー運用監視サービス」の日本の拠点としての機能に加え、セキュリティー製品の技術検証やデモなどをビジネス・パートナーと実施するセキュリティー・ビジネス・センターの機能も持つという。

 さらに、国内のセキュリティー人材の育成を図るため、グローバル規模で培ってきた経験や知見を生かして、セキュリティー人材育成の研修を開発し提供するセキュリティー人材開発センターとしての機能も持つ。研修の開発においては、情報セキュリティ大学院大学と協業し、産学連携を図るとしている。

 Tokyo SOCは、組織機能面の強化だけでなく、スペースの拡大や機器の設置などの拡充を図っているという。

 Tokyo SOCで提供する「セキュリティー運用監視サービス:IBM Managed Security Services(IBM MSS)」は、顧客サイトにあるセキュリティー機器を、Tokyo SOCのセキュリティー専門技術者が、世界のIBM SOCやセキュリティー研究機関X-Forceと連携して、24時間 365日有人監視・運用・管理を行うもの。

 今回の拡充にあわせて、MSSの機能拡張を行い、顧客システムのより高度な監視が可能となり、監視対象機器もさらに拡充するという。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5