SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オージス総研、認証強化ソリューション「ThemiStruct-CM/OTP」を提供開始

仮想アプライアンスとトライアル版をダウンロード提供

 従来のハードウェア環境では、物理サーバの調達から設置などに時間と手間がかかり、最大負荷を想定して仕様を決めるため、リソースの無駄が生じやすくなっていたという。

 しかし、仮想環境では1つのサーバ上に共存するそれぞれのシステムの負荷に応じて各種リソースの割り当て変更が可能になり、リソースの有効利用が可能になる。

 また、ソフトウェアに関しても、OSからミドルウェア、アプリケーションと各種の設定を完了し、動作確認ができた状態で提供するため、固有のネットワーク環境など最低限の設定作業だけですぐに利用可能だとしている。

 ・ThemiStruct-CM(テミストラクト-電子証明書)
  電子証明書をインストールした端末のみアクセスを認める高セキュリティな環境を実現。また、電子証明書を保持(会社として承認)していれば、私用のスマートフォンや端末からも接続できるため、BYODのセキュリティ対策が可能。

 ・ThemiStruct-OTP(テミストラクト-ワンタイムパスワード)
  ソフトウェアトークンを用いたワンタイムパスワードによる多要素認証を実現。ワンタイムパスワードの表示デバイスとして、携帯電話、スマートフォン、PCが使用可能で、専用ハードウェアの購入・維持管理費用が不要。

 なお、「ThemiStruct-CM/OTP」は、1か月間利用可能なトライアル版が用意されており、実際の発行機能や運用管理機能を試すことができるという。

【関連リンク】
「ThemiStruct」のWebページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5993 2014/07/08 12:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング