SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクル、運用管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager 12c」の最新版

複数DBの一元管理機能を強化し、プライベートクラウドの迅速な展開を支援

 「Oracle Enterprise Manager 12c Release 4」は、複数のデータベースの一元管理、プライベートクラウドの構築・管理、データベースのセキュリティ強化の新機能が追加され、企業のプライベートクラウド導入と効率的な運用管理を支援するという。

 発表によると、「Oracle Enterprise Manager 12c Release 4」の主な強化点は次のとおり。

 1. データベース性能の「見える化」機能の強化
  複数のデータベースの稼働状況を一元的、長期的に管理・分析できる新機能「Automatic Workload Repository (AWR) Warehouse」を追加。データベースのパフォーマンス・チューニングに必要となる稼働状況やワークロードに関する情報を一元的、長期的に管理できるようになり、キャパシティ・プランニングの正確性が向上。

 2. 企業内へのDBaaSの迅速な展開
  あらゆる構成のデータベースをサービスカタログとして準備することが可能で、データベースのセットアップ時間を大幅に短縮。

 3. セキュリティ対応の強化
  管理対象にあるデータベースに含まれている機密性の高いデータを体系的に発見し、保護するための機能「エンタープライズ・データ・ガバナンス」を追加。また、PCI DSSやSTIGなどのセキュリティやシステム監査に対応したテンプレートも追加され、それぞれの基準に基づいたシステム全体のセキュリティ状態のチェックが可能。

 また、システム部門の部門長やCIOを対象として、「Oracle Enterprise Manager 12c Release 4」によるデータベースの操作、パフォーマンス・チューニングを体感できるエグゼクティブ向けハンズオン・トレーニングを本格的に展開するとしている。

【関連リンク】
ニュースリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6009 2014/07/15 12:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング