EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本マイクロソフトと竹中工務店が連携してIoT活用の次世代建物管理システムを構築へ

  2014/10/15 13:30

 日本マイクロソフトと竹中工務店は、IoT(Internet of Things)とクラウドサービスを活用した建物設備のモニタリング、管理・分析等を自動的に行う次世代建物管理システムの構築・提供で連携することを発表した。

 今回の連携により、ICT業界・建設業界でそれぞれ多くの実績がある両社の最先端技術を組み合わせて実証し、今までにない次世代型の建物管理システムの構築を図るという。

 また、高度化・複雑化する建物管理システムを、IoTやクラウドサービスなどを活用することにより、高効率で最適な運用を簡易に実現することも目的としている。

 両社は、次世代建物管理システムをMicrosoft Azure上に構築し、ビルコミュニケーションシステムとの連動によって、建物の設備運用を最適化することでサービスレベルの向上と入居者の満足度の向上を実現するという。このシステムは、竹中工務店東京本店で実証実験を行うとともに、2015年以降、ビルオーナー向けに提供していく予定だという。

 次世代建物管理システムは、建物などで使用されるさまざまな設備や環境センサーを相互に接続し、統合的にモニタリングと分析を行い、設備管理者の知見(知識とノウハウ)を学習することで、建物の管理負荷軽減と利用者の快適性、生産性の向上、エネルギー効率、運用管理コストの最適化を実現する。

 また、日本マイクロソフトが提供する、機械学習による分析を活用することで、これまで人の経験に頼っていた分析モデルの構築も自動で行い、分析とその結果を活用し、オフィス、工場などのさまざまな分野における効果的で効率的な建物管理運営の仕組みの提供を可能にするとしている。

 両社の連携により構築・提供するソリューションの特徴は次のとおり。

 1.集積したデータを、Microsoft Azure Machine Learningにより学習することで、制御モデルを構築し、構築した制御モデルを用いた熱源、動力の効率的な制御を行い、設備の管理負荷低減と、快適性の向上を実現。

 2.機械学習による制御モデルの構築、および制御モデルを用いた自動化された設備管理をソリューションとして提供することで、これまで人の経験に頼ってきたために設備管理者が割いていた多くのリソースやコストを大幅に低減。

 3.設備内、および外部の環境(温度、湿度など)、人流、動力、設備設定、運用スケジュールなどのデバイス、センサーからの膨大なデータをMicrosoft Azureに集積するサービスを構築。Microsoft Azureの自動化されたスケーリング機能により、増え続けるデータソース、データサイズに柔軟に対応できるため、データの急激な増減に迅速に対応し、コストを抑えて高いパフォーマンスを実現。

【関連リンク】

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5