SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラスキャット、プライベートクラウド「ClassCat Cloud」シリーズ に2製品を発表

 2つの新製品は、企業の情報システム部門や中堅・中小企業が容易にプライベートクラウドを導入・活用することを可能とする、オールインワンなプライベートクラウド・ソリューションである「ClassCat Cloud」シリーズに位置づけられる。

 プライベートクラウドの導入コストのハードルを大幅に下げて運用管理を容易にするために、SoftLayerクラウドの提供するベアメタル(物理占有型サーバ)上の利用に最適化して提供するという。

 IaaSクラウド基盤には、実績あるOpenStackとOpenNebulaを採用。「Cloud DC Edition v3.0」は、OpenStack最新リリースJunoを採用し、「Cloud Enterprise Edition v4.8」は、OpenNebula最新ステーブル版4.8を採用している。

 また、新製品はOpenStackおよびOpenNebula IaaSプラットフォームをサービスとして利用できるマネージドサービス「ClassCat OpenStack-as-a-Service」「ClassCat OpenNebula-as-a-Service」としても提供される。

 この場合には、OpenStackやOpenNebulaの配備/構成・運用管理・サポートを自前のハードウェアを用意することなくサービスとして受け取ることができるという。このマネージドサービスを利用することにより、情報システム部門では専門的な知識がなくてもOpenStack/OpenNebulaプライベートクラウドの大きなメリットを享受できるという。

 スモールスタート(ベアメタル1台構成)も可能とし、業務システムの拡張など必要に応じてコンピュートノード用にベアメタルを追加して OpenStack/OpenNebula IaaS基盤を拡張していくこともできるため、導入コスト・運用コストも必要最小限に抑えられるとしている。

 新製品には、動作検証済みの各種アプリケーションが「ClassCat Cloud Ready プログラム」により仮想アプライアンスとして提供される。仮想アプライアンスとしては、BYODソリューション「CLOUDIVA」とインターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager」が用意されていたが、新たに「Web 会議」仮想アプライアンスも追加される。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6327 2014/11/11 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング