SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラウド型は5%、選定では「簡単」を重視――シード・プランニングがクラウド型会計ソフトの利用動向調査

 この調査は、国内事業所の勤務者20,814人を対象として、11月にWebアンケート形式で行われたもの。調査結果の概要は次のとおり。

会計ソフト利用者のうちクラウド型利用率は5%

 パッケージ型会計ソフト・クラウド型会計ソフトを合わせた会計ソフトの導入率は、30.2%。会計ソフト利用事業所のうち、クラウドサービスの利用率は、全体の4.8%だった。

図:会計ソフトの利用率(n=20,814、SA)、デジタルインファクト調べ
図:利用されている会計ソフトの種類別内訳(n=6,294、SA)、デジタルインファクト調べ

クラウド型利用者の4割強が「freee」を利用

 回答者が所属する事業所でメインで利用されているクラウド型会計ソフトは、「freee」で41.3%。「ネットde会計」がこれに続き12.05。ただし、やよい会計が提供している2つのソフト(「青色申告オンライン」「白色申告オンライン」)を合わせると16.7%で、事業者単位での利用率は第2位になる。

図:メインで利用しているクラウド型会計ソフトのサービス名(n=300、SA)、デジタルインファクト調べ

クラウド型会計ソフトの選定ポイントと課題

 クラウド型会計サービスを選ぶときに最も重視する点については、「簡単」が最も高く65.7%。また、クラウド型会計ソフトに関する要望については、「セキュリティーに関する情報を充実してほしい」が最も多く31.0%だった。

図:会計ソフトを選ぶときに重視する点(n=300、MA)、デジタルインファクト調べ
図:クラウド会計ソフトに関する要望(n=300、MA)、デジタルインファクト調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6409 2014/12/10 12:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング