SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、アプリケーションの開発・実装を支援するセキュアな専有PaaSを提供

 「Bluemix Dedicated」は、高いセキュリティーと運用管理の負担を軽減しながらハイブリッド・クラウド環境でアプリケーションやサービスの開発と実装を支援するもので、「Bluemix」が提供する価値に加えて、専用のシングルテナント環境を提供することで、各種規制やコンプライアンスへの基準を満たすという。

 VPN経由やネットワークに直接接続することで、自社環境と同じように利用することが可能で、IBMが基盤やサービスの運用管理を行うことで、ユーザーはアプリケーションやサービスの構築に注力できるとしている。

 また、マルチテナントの「Bluemix」向けに提供を始める「プライベートAPIカタログ」は、オンプレミス環境と「Bluemix」を安全に接続するCloud Integrationサービスに新たに追加した機能によって実現する。

 この機能により、ユーザーが運用、管理するオンプレミス環境のアプリケーションの機能やデータを「Bluemix」のカタログ上に専用のアイコンとして追加し、他のサービスと同様に容易に活用することができる。

 「エンタープライズBluemixセンター」は、グローバル「Bluemix」組織と連携して、日本のユーザーがエンタープライズ環境において「Bluemix」を活用するための技術支援を行う。このセンターは、将来の拡張や協業に関する相談窓口としても機能し、2015年第1四半期に業務を開始する予定。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6425 2014/12/15 13:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング