EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、仮想基盤上のソフトウェアUTM「SECUI MF2 Virtual Edition」

  2014/12/16 15:00

 キヤノンITソリューションズは、仮想基盤上で動作可能なソフトウェアUTM(統合脅威管理)製品「SECUI MF2 Virtual Edition」を12月16日から販売すると発表した。

 「SECUI MF2 Virtual Edition」は、国内で1万社の導入実績があるSECUI社のUTMアプライアンス「SECUI NXG」に、アプリケーションの可視化・制御、Anti-DDoSエンジン、およびWAF(Web Application Firewall )などを搭載したUTMアプライアンス「SECUI MF2」の仮想アプライアンス版になる。

 「SECUI MF2 Virtual Edition」は、仮想アプライアンスとして新規・既存の仮想基盤上に容易に展開が可能だという。

 「SECUI MF2 Virtual Edition」については、キヤノンITSの経験を活かし、管理画面、製品マニュアルおよび技術資料の日本語化などでSECUI社と協力し、日本のユーザーが使いやすい製品を実現したという。

 また、Cyren社のアンチウイルスDB、ジランソフト社のアンチスパムDB、アルプスシステムインテグレーション社のWebフィルタリングDBなど、日本市場で実績のある各エンジンを採用しているという。

 「SECUI MF2 Virtual Edition」には、FirewallモデルとUTMモデルが設定されている。FireWallモデルは、ファイアウォールとIPsec-VPN機能が提供され、UTMモデルでは、さらに、侵入検知防御/Anti-DDos、アンチスパム、アンチウイルス、Webフィルタリング、アプリケーション制御WAF(Web Application Firewall)が追加される。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5