Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、企業向けシングルサインオンサービス「ID Federation」を本格提供

  2015/04/03 15:10

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、業務に利用するNTT Comおよび他社が提供する各種業務アプリケーションを1つのIDで利用できる(シングルサインオン)企業向けIDaaS「ID Federation」を4月3日から本格提供すると発表した。

 このサービスは、2014年12月に開始したトライアルサービスを通して得たユーザーのニーズなどを踏まえ、次のような機能拡充を行ったという。

 (1) シングルサインオン対応業務アプリケーションの大幅拡充:Microsoft Office 365、Salesforce、Box、GoogleAppsなど、1,600を超えるSaaSに対応

 (2) 認証方式の追加:TOTP認証、機体認証、Active Directoryと連携した統合Windows認証、標準リスクベース認証のリスク判定要素を追加

 「ID Federation」の主な特徴は次のとおり。

 (1) 1,600を超えるSaaSや、既存のオンプレミスシステムへシングルサインオンが可能

 NTT Comが提供するSaaSに加え、Microsoft Office365、Salesforce、Box、GoogleAppsなどのさまざまなSaaS、さらにオンプレミス環境や各種IaaSサービス上の業務アプリケーションなどにもシームレスにシングルサインオンが可能。1,600を超えるSaaSとの接続実績があるPing Identity社の技術を一部に採用することで、豊富なSaaSへの対応を実現。

 (2) 豊富で強固な認証機能のラインアップ

 リスクベース認証を標準機能として提供するほか、機体認証、TOTP認証、スワイプ認証、Active Directoryと連携した統合Windows認証などのさまざまな認証メニューオプションを装備。このため、セキュリティポリシーに応じた認証の仕組みを実現。

 (3) 多くの企業に採用されているActive Directoryと連携可能

 Active Directoryと連携したシングルサインオンが可能。社員など業務アプリケーションの利用者が、自社のActive Directoryにて認証済みの端末から利用する場合、追加で認証することなく各業務アプリケーションにサインオン。

 (4) IDの一元管理により運用コストを削減

 従来、業務アプリケーションごとに管理していたIDやアクセスログ情報を一括管理。管理者は、利用者ごとに業務アプリケーションへのアクセス制御を行うこともでき、運用管理にかかるコストの削減を実現。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5