SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース、企業と従業員の新しいつながりを可能にする「Salesforce for HR」

 「Salesforce for HR」は、クラウド、ソーシャル、モバイル、データサイエンステクノロジーを基にして、セールスフォース・ドットコムのカスタマーサクセスプラットフォームのメリットを活かし、従業員エンゲージ向けに構築されたものだという。

 これにより、企業がこれまでとはまったく違う新しい環境で従業員とつながることを可能にするエンゲージメントシステムを提供することで、既存のHCM環境とHRMS環境をサポートするという。

 「Salesforce for HR」の概要は次のとおり。

 ・従業員ジャーニー:従業員の入社から育成にいたるまで、従業員のライフサイクル全体を通じてさまざまなチャネルとデバイスを横断してOne-to-Oneのエンゲージメントを提供。

 ・従業員コミュニティ:従業員同士をつなぎ、コラボレーションの風土を醸成するコミュニティを構築。

 ・HRヘルプデスク:Service CloudをベースにするHRヘルプデスクによって、パーソナライズしたサービスエクスペリエンスを通じ、従業員がいつでもどこでも自分で問題を解決できる環境を提供。また人事管理部門には、従業員からの問題を迅速かつ正確に解決するための360度従業員ビューや情報を提供。

 ・Salesforce HRアナリティクス:リーダーは、人材の主要業績評価指標(KPI)や生産性評価指標への可視性が高まり、より賢い意思決定が可能。あらゆるデータソースを通じて統一されたビューを手にすることで、リーダーは従業員への新たな洞察を明らかにし、あらゆるデバイスから自分のチームのエンゲージメントを先回りして進められます。

 ・エンゲージメントアプリケーション:従業員が必要とするモバイルアプリケーションを構築し、自社のビジネスプロセスに統合。これらのアプリケーションによって、従業員はどこにいても採用やオンボーディング、面接、研修などの活動で高い生産性を発揮できるようになる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6796 2015/04/28 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング