SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IDC Japan、国内ITサービス市場におけるベンダー競合分析結果を発表

 IT専門調査会社のIDC Japanは10日、国内ITサービス市場におけるベンダー競合分析結果を発表した。

各ベンダーの規模が拡大

 同調査によれば、国内の各ITサービスベンダーの規模が拡大していることが分かった。2008年3月期にIDC推定のITサービス売上高が1,000億円を超えるベンダーは、前年同期と比較して2社増加して14社となり、うち12社が売上を成長させている。

 日本ユニシスとCTCが買収、合併により大きく事業規模を拡大したほか、金融業を中心とする大型の構築案件が好調だったベンダーが好業績となっている。

景気の不透明感への対応が進む

 国内の景気先行き不透明感の強まりに対応した事業基盤の強化の流れが見られる。富士通、NEC、IBM、日立、NTTデータの上位5社は、サービスの標準化や工業化によるITサービス事業の収益性改善や、コンサルティング事業の強化による収益源の開拓を進めている。

 一方、6位以下の各社は大型案件の受注や、ワンストップのサービス提供を目指して、買収、合併を通した体制構築を進める。また、プライムベンダーとしての大型案件獲得を目指し、大規模プロジェクトのコントロール能力や業種・業務視点などの強化を図る傾向があるとしている。

市場の変化への対応力が重要

 2008年3月期の国内ITサービス市場は金融業によるシステム構築投資がベンダーの業績を牽引したが、銀行の合併に伴うシステム統合案件が一巡したことや、サブプライムローンによる収益悪化の影響もあり、今後の投資成長率は鈍化する見通しだ。

 また、国内ITサービス投資環境やユーザー企業のニーズは変化の激しいものとなっている上、活発な買収、合併、コンサルティング強化の施策などによって、ベンダー間の競合状況も大きく変化していく。

 同社のITサービス担当マーケットアナリストの武井 晶子氏は、「変化する市場環境に対応するためには、標準化されたサービスや、様々なリソースを柔軟に組み合わせて提供することが重要である。市場ニーズに迅速に対応できる体制を整えたベンダーがビジネスの拡大を実現することができる」と述べている。

 
【関連リンク】
IDC Japan

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/705 2008/09/11 10:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング