SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立公共システム、COBOLからJavaへの移行による処理速度の低下を解決する高速化技術を開発

 ほとんどのCOBOLは、機械語にコンパイルされたコードの静的な実行をサポートしている。プログラムのロード時にメモリ領域が静的に確保され、その上での演算を1つのプロセスに専念させることができる。

 このような実行形態は、大量のバッチ処理を高速に実行するのに有利だが、Javaはプラットフォーム間のバイナリー互換を実現するため、中間言語の動的ローディングにより実行される。

 そのため、COBOLのバッチ処理実行時間と比較してJavaのバッチ処理時間がかかるという。Javaのバッチ処理時間を短縮させる手段は、ハードウェアの性能アップ、負荷分散技術の導入による並行処理の実現などいくつかあるが、日立公共システムは、「COBOL→Javaマイグレーションライブラリ」を提供することでJavaの処理高速化を実現するという。

 なお、 このライブラリは、2015年9月から「言語リニューアルサービス」への適用を前提に提供を開始している。  Java高速化技術では、バッチ処理で性能が劣化するファイルの読み込み・書き込み処理を独自の方式で行うことで、高速化を実現したという(COBOLによる処理時間と比較して約10分の1に短縮)。

 同社の「マイグレーションサービス」は、現状のプログラム資産調査・分析から始まり、移行計画~移行設計~リソース変換~テスト支援まで、一貫した移行プロセスを実施しているという。これにより、確実に資産を活用しながら、日常業務への影響を最小限に抑え、計画的な移行作業を実現するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7713 2016/02/08 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング