SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、開示書類や統合報告書、CSRレポートなどの作成を支援するクラウド・サービスを提供

 企業では、開示書類や社内用業績報告書作成の際、基幹業務システム(ERP)や人事管理システム、経営管理システムなど個々のシステムから財務データや人員などの非財務データを収集し、さらに関連部門と協議して決定した概況報告などの定性情報に関する記述を加える。

 多くの担当者は、ERPやその他関連システムからの情報収集と集計を表計算ソフトに頼った手作業で行っており、属人的で煩雑な作業となっているのが現状で、適切な確認作業や承認プロセスの標準化も徹底されておらず、内部統制の面においても課題があったという。

 さらに、企業による開示報告書については、ステークホルダーにとってより付加価値の高い情報提供を求める傾向にあり、決算短信、事業報告・計算書類、有価証券報告書など多数の開示書類の一元化や四半期開示制度のあり方などが議論されている。

 今後、経理・財務、経営企画、IR(Investor Relations)では、こうした動きに柔軟に対応できる体制を整え、国内外の投資家など幅広いステークホルダーに企業価値を訴求できる報告書を作成する必要があるとし、「Oracle Enterprise Performance Reporting Cloud Service」は、そのような報告書類作成業務の効率化に役立てることが可能だという。

 「Oracle Enterprise Performance Reporting Cloud Service」の主な機能は次のとおり。

  • 財務情報だけでなく、概況報告などの記述も含めた報告書類の作成と一元管理
  • 複数の部門が関わる報告書作成における複雑なプロセスの可視化と承認、進捗確認と作業履歴の管理、対外法定書類および社内向け報告書の作成におけるバージョン管理
  • 役職、役割に応じたアクセス権の付与

 また、報告書作成において使い慣れた文章作成、資料作成ソフトと同様の操作性を維持しつつ、データの一元化、作業履歴の管理、適切な権限付与も実現するため、担当者の業務負荷軽減に寄与するとしている。

 「Oracle Enterprise Performance Reporting Cloud Service」は、経営管理のクラウド・サービス「Oracle Enterprise Performance Management Cloud」の1製品で、予算管理のクラウド・サービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」やERPのクラウド・サービス「Oracle Enterprise Resource Planning Cloud」、オンプレミス型の経営管理アプリケーション「Oracle Hyperion」製品とも連携可能だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7772 2016/02/29 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング