SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クライム、「VMware on IBM Cloudへの移行/データ保護支援ソリューション」を提供開始

 このソリューションは、VMwareの仮想化インフラストラクチャが国内でも多くの企業にオンプレミスとして導入されていることと、クラウド導入の増加により、VMwareの仮想化インフラストラクチャをオンプレミスとクラウドの両方で使用するユーザの増加を見込んだものだという。

 「VMware on IBM Cloudへの移行/データ保護支援ソリューション」には、2つのツールが提供可能だという。

 ・Veeam Backup & Replication:VMwareの仮想マシンのバックアップとレプリケーションが可能な「2 in 1」ツール

 エージェントレスで、難しい知識がなくても簡単に使用でき、すでに国内の多くのVMwareユーザに導入されている実績がある。Veeam Backup & Replicationを使用することで、オンプレミスでのVMware仮想マシンだけでなく、VMware on IBM Cloud上の仮想マシンのバックアップ/リストア、そしてVMware on IBM Cloud-オンプレ間での仮想マシンのレプリケーションが可能になる。

 ・Zerto Virtual Replication:レプリケーションにより数秒のRPO(目標復旧時点)を実現可能なツール

 VMwareスナップショットを用いないハイパーバイザベースの画期的なアーキテクチャにより、新たなレベルでのデータ保護をVMwareユーザに提供。Zerto Virtual Replicationを使用することで、オンプレミスのVMware仮想マシンをVMware on IBM Cloud上へ高速にレプリケーションが可能。これによりデータ損失の時間を最小限にし、障害や災害によるビジネスへの影響を大幅に削減できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8311 2016/07/27 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング