EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ゾーホージャパン、Active Directoryのログ監査ソフトにUIを刷新した最新版

  2016/09/26 14:00

 ゾーホージャパンは、Active Directoryのログ監視および監査レポート作成に特化したソフトウェア「ManageEngine ADAudit Plus(ADAudit Plus)」の最新版「ビルド5000」を、9月26日から国内で販売開始した。

 「ADAudit Plus」の最新版では、画面をフラットUIによる見やすいものへと刷新するとともに、検索やレポート表示の処理速度を大幅に改善した。また、IPアドレスをキーにして、特定のアクセス元以外からActive Directoryにアクセスしようとする動きを検知し、メールによるアラート通知を行うことも可能だという。

 「ManageEngine」ブランドで提供する特権ID管理ソフトウェア「Password Manager Pro」と併用することで、標的型攻撃などで狙われやすいActive Directoryのドメイン管理者ユーザーのセキュリティを強化できる。

 2015年12月に、経済産業省より公開されたサイバーセキュリティ経営ガイドラインにおいても、Active Directoryの認証サーバーが侵害を受けていないか、ドメイン管理者ユーザーのような特権IDが、不正に利用されていないかを定期的に確認することが示された。

 また、現在、地方自治体での対応が推進されているネットワーク強靭化政策においても、各ネットワークに配置されたActive Directoryのログ監査が推奨されている。

 「ADAudit Plus」は、上記のようなニーズにもリーズナブルな価格で対応できるという。さらに、地方自治体が推進する「情報セキュリティクラウド」向けの特別ライセンスも提供中だ。

 「ADAudit Plus」の最新版のその他の主な新機能および改良点は次のとおり。

  • アーカイブファイルに対する検索機能を追加。
  • 全てのレポートに対してデフォルト表示期間の設定が可能に。
  • カスタムレポートにファイル整合性、プリンタ監査、サーバー監査、ターミナル ゲートウェイサーバー監査のカテゴリを追加。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5