SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ノベル、認証強度を高める多要素認証のためのフレームワークを提供するサーバシステムを発表

 「NetIQ Advanced Authentication」は、あらゆる認証方式をサポ―トし、それらを自由に組み合わせて多要素認証を行うためのフレームワークとして、認証サーバ機能を提供する。

 REST APIを使用して「Advanced Authentication」に認証要求を呼び込むことで、2段階認証などのより高度な認証機構を構築することができ、アプリケーション開発者はさまざまな認証方式に応じた開発をする必要がなくなる。

 「Advanced Authentication」は、認証チェーンとよばれる認証の順番を定義することで、多要素による認証を行うことが可能。例えば、認証チェーンにパスワード認証とスマートフォン認証、パスワード認証とFIDO U2F認証など、認証方式を自由に組み合わせることが可能になる。セカンドファクタースキップ機能により、一度二要素で認証したユーザは、一定時間の間、二要素目をスキップして利便性を高めることが可能だという。

 さらに、Windows、Macintosh、Linuxクライアントのログイン時に、多要素認証を組み合わせることができ、機密性の高い業務を行うユーザのデスクトップを保護する。また、ビルトインのRADIUSサーバ機能を利用し、RADIUS認証を行うVPN機器へ多要素認証を提供し、外出先から社内ネットワークへのアクセス時のセキュリティを高めることも可能だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8650 2016/11/04 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング