SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三菱電機インフォメーションネットワーク、プライベートクラウドサービスを刷新し新サービスメニューを開始

 このサービスは、同社データセンターに設置した物理サーバーを占有してサービスを提供するもので、サーバーのパフォーマンスやセキュリティー・信頼性を重視する顧客に最適だという。

 新サービスメニューでは、データセンターのITリソース(サーバー・ネットワーク・ストレージ)の仮想化コンセプトであるSDDC(Software Defined Data Center)化で、柔軟性と俊敏性を強化し、顧客に対して利便性の高いプライベートクラウドを提供するとしている。

 新サービスメニューの特徴は次のとおり。

 1. コストパフォーマンスに優れたプライベートクラウドサービス

  • ネットワークの仮想化を活用した多機能なネットワークメニューを提供。ファイアウォール、VPN、ロードバランサーなどのサービスを安価に提供。
  • 最新のストレージ技術を活用し、性能の異なるさまざまなストレージメニューを用意。サーバーの性能要件に応じてFlash/SAS/SATAなどのディスクを選択可能。

 2. セキュアなインターネット環境を提供

  • 24時間365日体制のSOC(Security Operation Center)運用を適用した、新たなインターネット接続メニューを提供。インターネット公開システムのセキュリティーを強化できる。
  • IP-Sec VPN接続オプションの追加により、新たなVPN接続メニューを提供。高強度なセキュリティーを担保するサービスを提供。

 3. システム運用の利便性を向上(17年1月公開予定)

  • 仮想サーバー構築や各種リソースの設定変更が可能なポータルサイトを新たに提供。設定変更などのリードタイムを短縮でき、必要な時に即時対応ができる。
  • 新ポータルサイトは、リソース負荷状況、サービスメンテナンス情報、今後のサービス拡充予定など、各種情報をリアルタイムに通知。これら各種情報をリアルタイムに把握できるため、システムの安定稼働を実現できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8657 2016/11/07 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング