EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシスト、インターネット分離を実現する「ダブルブラウザ・ソリューション」Linux版の最新版を提供

  2016/12/13 14:45

 アシストは、同社が提供するEricom社製品(開発:イスラエルEricom Software社)を基盤とした「ダブルブラウザ・ソリューション」のLinux版コンポーネントである「IVEXダブルブラウザLinux」(開発:日本ナレッジ)の新バージョン1.5.11を12月13日から提供すると発表した。

 新バージョンは、仮想ブラウザとしてChromeに対応し、稼働プラットフォームとしてRed Hat Enterprise Linux 7.3に対応している。

 ・Chromeブラウザ対応

 Linux版ダブルブラウザ・ソリューションは、仮想ブラウザをFirefoxブラウザに限定していたが、特に自治体からの高いニーズに応え、Chromeブラウザも提供する。仮想ブラウザとしての機能についてはFirefoxブラウザと相違点があるという。

 ・Red Hat Enterprise Linux 7.3対応

 ダブルブラウザ・ソリューションは、導入コストを極力抑えた画面転送型のサイバー攻撃対策というコンセプトにより、IVEXダブルブラウザLinux(仮想ブラウザの稼働OS)のサポートプラットフォームに無償で利用できるCentOSを採用してきた。

 しかし、ダブルブラウザ・ソリューションの導入を検討している企業や自治体、またサービス提供者から有償であってもOSのサポートが受けられるRed Hat Enterprise Linuxをサポートへの要望が多数寄せられたことを受け、今回の新バージョンにてRed Hat Enterprise Linuxへの対応を実施したという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5