SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNow、セキュリティソリューションの統合により脅威の特定と解決を加速

 「Security Operations」は、従来のマニュアル作業による手順を未来のインテリジェントなワークフローに置き換えるだけでなく、複数の大手セキュリティベンダーが提供するソリューションとの自動化と統合のための機能が備わっているという。

 「Security Operations」は、短ければわずか20秒でそれぞれのセキュリティ・インシデントに対し、影響を受けた可能性のあるエンドポイントの情報を含めた脅威インテリジェンスを自動的に関連付ける。これによりセキュリティの分析担当者が問題の調査に費やす時間が短縮され、解決手段がさらに迅速に得られるという。さらに、分析、報告、および監査するためのポスト・インシデントレポートが自動的に生成するため、インシデント後もマニュアル作業によるデータ収集も不要だという。

 「Security Operations」を利用している企業には、次のような連携機能が新たに組み込まれる。

 ・Palo Alto Networks:「Security Operations」は、コンテキスト認識型脅威インテリジェンスであるAutoFocusと、クラウドベースの脅威分析ソリューションであるWildFire と連携している。Palo Alto Networks Next-Generation Security Platformで提供されるこれらの脅威インテリジェンスデータを使い、セキュリティインシデントのコンテキストにさらに豊富なデータを自動的に加えることができる。

 ・Tanium:Tanium Core Platform との統合化がさらに進められたことで、ServiceNowは影響を受けたエンドポイントからリアルタイムに情報を収集し、直接インシデント分析に加えられるようになった。これにより離れたエンドポイントへの視認性が向上し、イベントの重大度とその影響を迅速に判断することができる。

  ・最新リリースでは、上記以外にも複数のSIEM(Security Information and Event Management)およびセキュリティインシデント情報との統合を行うことができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8960 2017/02/13 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング