SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デジタルアーツ、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の最新版

 従来の「FinalCode」では、1つ1つのファイルを暗号化することでセキュアな環境を提供していたが、保護されているが故に、暗号化された複数のファイルを同時に開き、相互に参照しながら業務を行うことが仕組み上できず、利便性に課題があったという。

 そこで、「FinalCode」Ver.5.3では、新たに、PC上のフォルダーを丸ごと暗号化する「セキュアコンテナ」機能を搭載した。これにより、1つのファイル毎に暗号化するのではなく、ファイルが格納されているフォルダーそのものを丸ごと暗号化し、フォルダー自体をセキュアな領域と定義することで、フォルダーにある全てのファイルを並行して開くことが可能になる。

 また、指定された権限の範囲で、これまで同様のセキュリティを担保し、「セキュアコンテナ」内のフォルダーやファイルは、「FinalCodeエクスプローラー」で閲覧でき、Windowsエクスプローラーのような操作を行うことができる。

 「FinalCode」Ver.5.3では、AutoCAD、Illustrator、Photoshopアプリケーション対応を強化した。CADファイル、デザイン系ファイルを取り扱う業務においても、「セキュアコンテナ」を利用することが可能になるので、ファイル同士を参照しながら業務を行うことができる。

 さらに、「ZIPファイル」においても、「セキュアコンテナ」の機能が利用できるようになった。これまでZIPファイル内のファイル編集は、一度ファイルを解凍し、編集後再びZIPファイル化が必要だったが、「暗号化されたZIPファイル」は「セキュアコンテナ」を使えば、「FinalCodeエクスプローラー」上で直接編集し、保存することが可能になる。

 その他、「FinalCode」Ver.5.3から暗号化ファイルのメタ情報として「タグ情報」を付与することができるようになった。ファイルに対し単なるアクセスログ検索だけでなく、「タグ情報」によるファイル検索が可能になるため、ファイルの管理性の向上、「タグ情報」を使ったシステム連携を実現するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9700 2017/08/24 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング