SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本ヒューレット・パッカード、シングルサインオン製品「IceWall SSO」の新バージョンを発表

 「IceWall SSO 11.0」は、複数認証レポジトリへの対応、ログデータのビッグデータ分析ツールへの対応、データ通信へのTLSの採用などの新機能により、企業顧客ユーザーの業務システムへのアクセスの利便性と、セキュリティ、さらに働き方改革の推進をサポートするという。

 「IceWall SSO」の新バージョンは、複数の認証レポジトリがある環境でもそのままで全ての業務システムとクラウドサービスにシングルサインオンを可能にする新機能を備え、企業情報システム内の「サイロ化」の課題を解決できるという。

 また、今後の企業経営への貢献が期待されるデータアナリストの生産性を向上させる新機能や、IceWall自体をクラウドやハイブリッドIT環境下で柔軟に運用するための新機能に加え、数々のミッションクリティカルな要求に応えてきた、品質やセキュリティ面での信頼性も高いレベルで維持しているとしている。

 ■「IceWall SSO 11.0」の新機能

 ・完全に独立した複数の認証レポジトリに対応可能に。それらを独立させたまま、いずれの認証レポジトリにあるアカウントでも、「IceWall SSO」を利用することが可能。

 ・「IceWall SSO」の個々のモジュール間の通信を、旧バージョンでの独自プロトコルから、インターネット上で標準的に利用される暗号化通信TLSに変更。IceWallの一部モジュールをクラウドに配置するハイブリッド構成が可能に。

 ・「IceWall SSO」のアクセスログを、ビッグデータ解析ツールで分析可能なフォーマットで出力可能。

 ・「IceWall SSO」が出力するログデータは、何の加工もせず、Vertica等のビッグデータ解析ツールにエクスポート可能。

 ・旧バージョンでは専用プロトコルで提供されていたAPIを、「IceWall SSO」の機能を汎用的なWeb APIで利用可能に。

 ・前バージョンの「IceWall SSO 10.0」 からの移行パスを、保守契約を持つ顧客に 無償で提供。

 また、モジュール間通信のセキュリティが強化され、「IceWall SSO」のモジュールを全てクラウドに配置することはもちろん、業務システムと密接に連携する一部モジュールのみをオンプレミスに残し、他のモジュールをクラウドに置くようなハイブリッド構成にも柔軟に対応可能となった。

 さらに、アクセスログのビッグデータ解析ツール対応によって、解析作業そのものの生産性を向上させるだけでなく、分析データによって効率的かつ効果的なワークスタイル変革のための社員のシステム利用状況分析を支援するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9992 2017/10/25 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング